0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
--/--/-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刻印 -73

浅葱の背中が見えなくなると オヤジが深月に話し掛けた

「流よ・・・・
 本当にいいんだな・・・・ここで・・・」


「はい、大丈夫です。お願いします」


「前 話してた恭介の事・・・ 少しはわかったのか・・・?」


「わかった・・・ 様な気がします・・ 浅葱さんも匠さんも・・
 いえ・・・わかりかけたから、もっとココに居たいんです
 そしていつか・・・・・同等に仕事がしたい
 今回は 足を引っ張ってばかりで・・・」


「そうか・・・お前が決めたなら、もう聞かん・・ここに居ろ
 俺もまだまだお前には教えなきゃならん事が 山ほどある
 だが・・・ 
 同等は・・・・・・・・いつの事だろうな」
そう言って優しい顔で笑った







「あの・・・ 匠さんの背中って・・・・」

「ん?」

「浅葱さんが お前は見るなと・・・・だから・・・・
 リハビリって・・・・いったい、どうなってるんですか・・・・」

「そうか・・・恭介が・・・・・・・・」




恭介が 見るな と言ったのは、緊迫する現場で 流を混乱させない為・・
あれだけの傷、恭介でさえ気持ちが乱れたはずだ・・

それが経験のない流だったらパニックを起こしかねない
だから見せなかったんだろう・・・それは容易に推測できた

だが今はもう現場ではない
この部屋でなら、流が取り乱しても、サポートできる

が・・・

問題は匠自身の気持ちだった・・


ずっとここに居るという流・・・
チームだからこそ知っておくべき・・なのか・・
いや、チームだからこそ・・見られたくない・・・
そんな気持ちもあるのではないか・・・




そこまで考えてオヤジは話し始めた

「匠の背中は・・・酷い熱傷だ
 何かで灼かれたんだろう・・・
 その上・・・   かなり・・・・傷付けられている・・・
 だから、筋肉が焼け落ち、皮膚が引き攣って 腕が動かない・・」


深月はその言葉に息を呑んだ
「灼かれた・・・・・?
 筋肉が焼け落ち・・・って・・・そんな・・・・」


言葉が出なかった・・
想像しただけで、手が震えた


「・・・怖いか? 流・・・・・
 
 さっきも言ったろう・・・
 ここに居れば、まだまだショックな事があると・・・・
 今でさえそれだ
 現場でそれを見たら お前はちゃんと仕事が出来たか?」


そう言われてハッとした
何も知らなくても現場で取り乱していた自分を思い出す・・・


「いいえ・・・・・」 深月が呟く


「だな・・・ だから恭介は見るなと言った
 それ以上の事は・・・・
 匠本人が決める
 見せるか見せないかは・・・・匠自身の・・・・戦いでもあるだろうからな・・・」


「おやっさん、僕に何か出来る事は・・・・
 匠さんは・・・・ あんな状態でも僕を助けてくれた
 さっきは、そんな匠さんがどうして、手首を・・・・・自分で自分をって・・
 ショックで・・・信じたくなかった・・ けど、何か出来る事があれば・・・」


「そうだな・・・
 今のお前に出来るのは、そのまま・・
 いつも通りの明るいお前のまま 普通 で居ることだ」


「普通・・・?」


「ああ・・今回の事では、匠も・・・
 そしてあの恭介も・・・何も言わないが、相当参ってる
 あの二人と一緒に・・・普通に側に居てやってくれ・・・」


「普通に・・・」


「ただ・・言っておくが・・
 ここで ”普通” で居る事は、かなり大変だぞ、流・・」


深月は無言で頷いた




刻印 -74へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
30.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-17 |   [ 編集 ]
31.   
いつもコメントありがとうございます
励みになります
2013-06-18 |   [ 編集 ]
32.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-19 |   [ 編集 ]
33.   
コメントありがとうございます!
とっても嬉しいです
2013-06-19 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。