0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
--/--/-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刻印 -67

3人を乗せた車は 夜明け前の道を猛スピードで走っていた


浅葱が見かねて声をかける
「あまりスピードを出すな、深月・・ 警察にでも止められると面倒な事になる」
「はい・・・・」


確かに後部座席には 布1枚でくるまれ
体中傷だらけの 瀕死の状態の男を乗せている

止められれば、大騒ぎになるだろうし
身分の確認が取れたとしても、時間的なロスになる


わかってはいるが、ついついアクセルを踏んでしまう自分がいた


それはもうずっと 匠が苦しそうに喘いでいる声が
運転席まで聞こえているからだった






匠は 途中で一度、目を開けた

「・・・あの・・男は・・・ 」 そう一言だけ浅葱に聞いた


その言葉に浅葱は一瞬 答えに迷う・・・

一瞬でも惑った浅葱の気を感じたのか
匠は何も言わず再び目を閉じると、自分の腕の中に顔を埋めた



「すまない・・」
浅葱が小さく呟く




それから暫くして匠の呼吸が荒くなった
2本目の薬の効果も切れかけていた







「車、止めますか? 鎮静剤を・・」
深月が聞く

もうこの段階で 鎮静剤もあまり用を成さないのは目に見えていた
2本目を打ってからまだ数十分しか経っていない

次は・・30分か40分か・・・・いやもっと短いかもしれない



それでも苦しそうな匠を放ってはおけなかった
わずかでも、楽にしてやれるなら・・そう思った


「このまま走ってくれ・・・こっちでする」


浅葱は側に準備してあったオヤジのケースを開けると
最後のブルータグを取り出す

「匠・・・・もう一度、鎮静剤を打つぞ・・・
 そうすれば少しは楽になる・・」


しかし やはりその音に匠は反応した
苦しそうに首を振る

「・・・ぃや・・・・・・やめ・・・・・・・・」





ハァ・・・ハァ・・・

乱れていく呼吸の中で、匠は首を振り続ける
それはもう意思ではなく、あの老人の薬と
植え付けられた恐怖とによって引き起こされる抗えない反射でしかなかった


「匠! しっかりしろ!」
浅葱が震える匠の手を握り締める



が、そうしている間にも 匠の体の震えはみるみる酷くなり
痙攣を引き起こしていく


このまま呼吸困難にでも陥る様な事になったら・・・
もう言い聞かせている暇はなかった

浅葱は抱きかかえたまま匠の右腕を押さえつける


「やめ・・・・・はな・・  ・・・・せ・・・・・・」
震える体で 足を動かし暴れる度に、胸の傷から出血していく




何故 注射ごときにこれほど反応する・・
針の傷みより、背中や・・ こうして出血している傷の痛みの方が遥かに・・
浅葱には判らなかった




「じっとしてろ! 死にたいのか! 匠っ!」

その声に運転席の深月もビクンと跳ねた
顔を上げ、ミラー越しに後ろを見つめる


浅葱は匠を無視し押さえつけると その右腕に注射針を突き刺した


「・・ンッぁ・・・・・・・・・・・・!!!!!」

匠の体が大きく仰け反り
押さえつけた腕から匠の体内に、液体が押し込まれていく



深月は自分が打たれたかの様に 辛い表情でそれを見ていた
わずかに手が震える・・・
そしてまたアクセルを踏み込んでいた・・




刻印 -68へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
24.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-12 |   [ 編集 ]
25.   
いつもコメントありがとうございます
頑張ります。。
2013-06-12 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。