0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
--/--/-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刻印 -50

「やりにくいな・・・・おい 横向きに寝かせろ・・」
暗闇の中で 老人の声がした


老人の作業は 着々と進んでいた
それは匠の背中から 脇腹辺りにまで及ぼうとしていた




助手の男2人が ゴロッと匠を横向きに転がす

「・・・!!!!・・・・っっ!!」

引き攣った背中の皮膚が強引に引き伸ばされ 
体が裂ける痛みに襲われる

無意識に眼球が動き、激痛が走る

「・・ンッッ・・・・・・・!!」 


「ん・・それで押さえとけ」
そう言ってまた老人の手が動き始める




灼かれた背中と違い、生きた痛点を持つ脇腹は
また異種の痛みを引き起こした

その痛みが 匠の体と、離れかけた精神とを1つ1つ縫い合わせ
現実へと引き戻しているかの様だった


「ンンンンッッ!!・・・・・・・ぁああッ・・!!」

「ほら、動くな・・ 腕をよけろ・・・・ しっかり押さえてろ
 ・・・まったく・・・
 もう少し 呆けていてくれたら、私の作業も楽だったのに・・」 


ブツブツと不満そうな老人の指示に
助手が 匠の両腕を顔の前まで移動させ 横向きのまま押さえつける


無防備にさらけ出された脇腹にまた老人のメスが入る・・
「・・ンァッ・・・・・・・・・!!!・・・」
痛みに声が出る



だが横向きのこの姿勢は、折れている肋骨への圧迫を軽くした
ほんの少しだけ 呼吸は楽に思えた


足も今の方が自由だった
膝を曲げると 丸まった姿勢になれた


何よりも腕に顔を埋める事ができた・・・


外からの刺激を少しでも感じなくて済むように
匠は胎児の様に身を小さくした

力の入らない両手を握り締め ただじっと耐えた





何があっても・・ここから出る・・


もし、浅葱さんやおやっさんが間に合わなくても・・
その時、自分がどんな姿になっていたとしても・・
自ら終わりにはしない・・

それが匠の出した答えだった





だがそれは、今の匠にとって一番辛い選択だった




現実・・ それは 苦痛と恐怖しかなかった


強烈に植え付けられた恐怖心は 拭う事が出来ないまま・・
いや・・それはどんどん強大に成長しながら 匠の中に巣くっていた



失った視界を補う様に、残された感覚が研ぎ澄まされ
匠の発作は益々酷くなった



扉が開閉する音・・
金属や器具の音・・・
そして、人・・・
触れられる事はもちろん 足音や話し声、
気配でさえも・・・・

周囲のわずかな変化にも拒絶反応を起こし
匠の体は簡単に発作を起こした

それはもう自分の意思では制御できなかった









不意に老人の手が止まり部屋を出て行く音がした
その後に続く二人の足音・・・




誰も居ない静まり返った空間
やっと一人になれる時間
このわずかな時間は匠にとって 唯一の安息の時だった


それでも目を閉じると迫って来る針の残像に体が震え
一人で何度も発作を起こした











シンとしていた部屋の外で人の気配がした


もう・・・戻って・・・来たのか・・・・


だが、その気配は 老人と助手では無かった
中に一人・・訓練された足音と気配がある

あの男か・・・

また何か新しい薬を・・違う遊びを考えたのかもしれない・・・
そして、また・・・
あの苦痛と恐怖・・・・






ハァ・・・

ハァ・・・


呼吸が荒くなり、発作が起きる





・・まただ・・・・また息が出来なくなる・・・・・苦しくなる・・・・




刻印 -51へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。