0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
--/--/-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刻印 -61

「・・・見てくれたかい?
 タクミの 刻印 を・・・ すばらしいだろう・・・・?」

浅葱の言葉などまるで聞いていない様に
そう言って男は自分の右腕を見せる


そこには匠と同じ蛇がいた



「私のは・・・ 痛いのは苦手だから 
 刻印 じゃなくてタトゥーだけどね・・・・

 そうそう・・・
 タクミの体はすばらしい・・・・ 
 これがどういう意味か・・・・わかるよね

 タクミは自ら 自分の体を私に差し出したよ・・
 見せてあげたかったね、あの光景を・・・」

そう言ってクスクス笑う



「・・・・・・!!!

 それは・・・ お前が勝手に痛みと恐怖で支配しただけだ・・!
 あいつの意志じゃない!」


「手段など、どうでもいいのだよ・・・・
 目的さえ果たせれば・・・・  ・・・そうだったよね?」


「何だと・・・・・? 」
その言葉に浅葱は眉をひそめる・・・


「これ以上、無関係な者を巻き込むな!!!
 もうお前の好き勝手にはさせない!!!!!
 匠も渡さない!!!」

叫ぶ浅葱はいつもの冷静な姿ではなかった




「・・・・・・

 ・・・何もかも・・・・
 全て自分の思い通りになると思うなよ・・・・・恭介・・・」

男の声が・・・一変した
憎しみに満ちた声だった







二人は炎煙越しに じっと睨み合っていた
どちらも動こうとしない・・・


銃声と爆発音だけが響く




その時、次々と起こる爆発で 着陸しているヘリがグラリと揺れた
パイロットが 男に何かを叫ぶ

老人はもう既に乗り込み 恐怖の表情で燃える屋上を見ていた






二人の静寂を破る様に 男が口をひらいた


「本当はね・・・・・・ ここでお前を殺りたかったんだ・・・
 
 が・・・
 タクミが手に入った・・・・・
 
 タクミはもう心も体も、全て私の手に堕ちた・・・

 だから今回はこれでOKにしてあげる
 楽しみは まだこれからだ・・・・・

 必ずタクミを奪いに行く・・・・」


男の声は元に戻っていた
クスクスと笑いながら ヘリに乗り込む




浅葱は銃口を男に向けるが、炎煙と雨にその姿はかき消された



「待てっ!!!!」
駆け寄ろうとする浅葱のインカムに 深月の声が響いた




「浅葱さんっ! 匠さんの様子が・・・・・・・・・・!!」




ヘリが飛び立って行く・・・
男が じっと浅葱を見下ろしていた



「クソッ・・・!!!!」










瓦礫の山になり、炎と煙の屋上に5人だけがいた


男と老人、その他数名だけがヘリで逃げた様だった




「今回の作戦は匠の奪還だ・・・また機会はある」
一人が浅葱に言う



ヤツを取り逃がした事、
そして ヤツがまた匠を奪いに来ると言い残した事
浅葱は全てに怒りが収まらなかった


そんな浅葱の肩に 一人が手を置く
「匠を連れて帰るぞ」

「ああ・・」 浅葱はやっとそれだけを答えた




インカムに深月の悲痛な声が届く

「早く・・・・!! 早く! 浅葱さんっ!!」




刻印 -62へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
14.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-06 |   [ 編集 ]
15.   
コメントありがとうございます!!
とても嬉しいです!
大変励みになりました、頑張ります!
2013-06-06 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。