0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

華燭の城 - 118

「私としましては、敵帝国の皇太子が居なくなってくれるのは
 真に喜ばしい事なのですがねぇ・・・」

シュリはその声に聞き覚えがあった
そしてその小男の特徴的な姿にも・・・・



「お前は・・・・」

手の痛みで閉じてしまいそうな瞳を必死に開け、その姿を睨み付けた



「覚えていて下さいましたか、シュリ様
 どうです? 先日の針の傷は?
 鞭と違って傷口が不揃いな上に、薬も併せましたからな
 なかなか痛みが引かず、さぞやお困りでしょう」

そう言って口端を片方だけ上げ、ニヤリと笑う男は
あの西国の小男だった



「・・・どうして・・・ お前が・・・ ここに・・・」

あの日の痛みと凌辱を想い出し、唇を噛む




「たった今、有能な諜報を付けろと言ったのはお前だぞ、シュリ
 この男ほど、諜報に向いたヤツは居ない」

ガルシアが得意そうに首だけで振り返り、男を見る





「そう言って頂けると光栄ですな
 いきなり夜までに来いと言われた時は
 本当に困ったのですよ?
 何しろ、拷問しなければならない輩(やから)がまだ多くおりましてね
 私の前に列を成していたのですから・・・
 ですが、陛下の頼みとあらば、
 何を置いてもと、急ぎ参上した次第なのですが・・・
 来てみれば、なんとまぁ・・・
 我が国の宿敵、帝国の皇太子まで居て
 なかなか面白い事になっているではありませんか」



小男はニヤニヤと笑いながら
鞄の中から一本の太い注射器を取り出した



「さて陛下、その様なやり取り・・・
 両手両足を全て圧し(へし)折ったとしても、
 この強情なシュリ様には効きますまい
 真偽を知りたければ、
 そんな乱暴なさらずとも、簡単な自白剤を・・・」


手に持った注射器に、瓶から直接 薬剤を吸い上げながら
小男が微笑む


「・・・・・といっても、これはそこらの物とは違いますよ?
 我が国が、総力をあげて開発した新薬です
 これを打たれて、嘘を突き通せる人間はおりません」



男はガルシアに押さえ付けられたままのシュリの胸元を左右に開くと
その針で胸に触れ、クッと先端に突き立てた
極小の鮮血がシュリの胸に湧く

その感覚に記憶が鮮明に蘇る
ビクンと身体が反応し、震える


だがシュリは小男を睨んだ


「上等・・・ だ・・・
 それで真実が判るというなら・・・ こちらも好都合・・・
 やるなら好きにすればいい・・・・
 なにをしても、私の答えは同じだ」


それを聞いたガルシアの顔が憎々し気に歪み
「やれ」 と顎が動いた



男は小さく頷くと、自分を睨んだままのシュリの首筋に
ブツ。。 と太い針を突き刺す


「・・クッっ・・」

一筋の血が流れる感覚と、冷たい液体が体内に流れ込んでくる感覚を
脳が同時に感じ取り、言い様のない怠さが襲ってくる




すぐに、立っていられなくなり、
頭を支えるのさえ辛く、首がガクンとうな垂れた

ガルシアに両腕を押さえ付けられているので倒れる事はないが
心臓の鼓動が不規則に暴れ、酷く苦しかった



ハァ・・・

ハァ・・・ ハァ・・・・


肩で息をし始めると
そこに ガルシアの声が、直接 頭の中に響き始めた




「ナギと例の件で何を話した?」

「何・・ も・・・話していない・・・・」

口を開くことさえ怠かった




「ワシを裏切ろうと企てたろう?」

シュリが怠さの中でわずかに首を振る




自分がここへ来た経緯を話したか?
ワシの話をしたか?
神国の話をしたか?
ナギに助けを求めたか?
秘密をバラしたか?
ワシを裏切ろうとしたか?
逃げようとしたのか?


その後も言葉を変え、言い回しを変え、
幾度となく同じ様な質問が繰り返されたが
それは全て、シュリの潔白を意味するものだった





「これはどうやら本当の様ですな」

その様子を注意深く見ていた小男が ガルシアに囁いた


「ふん・・・」

ガルシアはそれだけ返事をすると

「では、これで最後の質問だ
 シュリ、今のお前の望みは何だ?
 今、目の前に助けが現れたなら、何を乞う」



その質問にシュリは目を閉じたまま小さく息を吐いた



「望み・・・・ 私の望みは・・・・ 弟が元気になる事・・・
 神国の皆が・・・ 無事であること・・・・
 ・・・・・・ 神の救いが・・・・・」

「・・・!!」

押さえ付けたままのシュリの頬に ガルシアの平手が飛んだ




「・・・・ッ!」

「もういい! 神、神 と何度もうるさいわ!」






華燭の城 - 119 に続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR