0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
--/--/-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刻印 -35

どれほど時間が経ったのか・・・・ 匠はわからなくなっていた


朦朧とする意識の中
老人が 「少し休憩だ・・・・」  そう言った声だけが聞こえ
また背中に液体がかけられた


「・・ゥンッッ・・・・!!!」







過呼吸と痙攣の発作で全身の震えが止まらなかった



そんな匠の様子を男は冷ややかに見ていた

「・・・・やはり、上半身は上手く動かない様だな・・・・
 手と指はいける様だが・・・」



そう言って 匠が必死で握り締めていた台から 易々と指を外す
そして 赤ん坊にするように、自分の人差し指を握らせた



「ほら・・・ 私の指を折ってごらん・・ たった1本だ・・ 容易いだろう・・・
 この指が タクミを陵辱したんだよ・・・・」


クスッ・・ と笑う様に挑発され、匠は思わず指に力を込める・・・・

だが震える指は 相手の指を折るどころか、強くも握れなかった



「力もあまり入らないか・・・・」
男はクスリと また笑う・・・・

 




「震えてるのか? 可愛そうに・・・
 よく頑張ったから、ご褒美を上げないといけないね・・・」

嬉しそうにそう言うと まだ濡れている台の上に腰掛け
匠の震える体を撫で始めた


そしてそのまま・・・・・ グッと足を左右に開かせた




「タクミの鳴く声は私を興奮させる・・・」

匠の濡れた腰を片手で持ち上げる




上半身を台に付けたまま、腰だけを高く上げた匠
掛けられた液体が 背中へ・・ ツッ・・と流れる


腰を持ち上げられ露になった匠の穴に顔を近づけると
男は舌を這わせ始めた



「・・・ぁ・・・ぅんっ・・・・・・・・」
体の痛みと息苦しさ、震えで抵抗する力もない


男はそのまま舐め続ける・・・
指で穴を広げ舌先を細くして、中まで挿入していく


「ぁっァ・・ッ・・・ン! ・・・・・・ンッ・・・・・!!」




匠は無意識に 唯一、満足に動く足で腰を捩った

「どうした・・? よがってるのか・・・・?
 可愛いな・・・タクミは・・・」
 
そんな匠に 男は我慢できなくなったのか、自分のモノを取り出す




台に上がり、匠の開かせた足の間に割って入り
膝を付いて匠の足を抱えると、自分のモノをその穴へ押し付けていく


「ぁっ・・・・くっ・・・・・・」

小さく呻き 力の入らない指で台を握りしめる





男の目の前には 匠の背中・・ 刻印 があった


「タクミ・・・・ こうやって支配しながら眺める 印 は最高に美しいよ・・」

そう言って まだ出血の止まらない傷に手を乗せた




「んっぁああああ・・・・・!!」




ズッ・・・

匠の叫びと同時に 男のモノが入ってくる


「んっ・・・・・ん・・・・・・ぁっ・・・ああああああ!!」



少しでも前へ逃げようとする匠・・・
だが男は その背中の傷を押さえて離さない


「や・・ やめろ・・・・・・・・んっ!!・・・・・」
男のモノが奥へ奥へと入っていく





男はもう片方の手で匠のモノを握ると動かし始めた


「んっ!! ・・・ぁ・・・ぁ・・・・・ん・・・・っ・・・・・」


手で匠を擦り上げながら腰を激しく打つ


振動で傷が痛む・・
呼吸が苦しくて息ができない・・・


が、匠自身も確実に登り詰めようとしていた・・・




刻印 -36へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。