0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

華燭の城 - 50

その時だった

----- ヒュンッッッ!!!



先より 一段高い、鋭い風斬り音に
幼い”あの日” を思い出していたラウの身体は ビクンと跳ねた



「・・・ッンアッッッ!!!!」


響いたシュリの短い叫び声に現実へと引き戻される
と同時に、ガランと一度 滑車が音を立てた


たった一度で、 まるで鋭利な刃物で切ったかのように
シュリの肩口から胸元へ・・・ シャツが裂け白い肌が口を開けていた
ツ・・・と血が滲む





「ああ、この感触・・・・ やはりいい・・・
 これが一番 手に馴染む・・・・」

ガルシアは満足そうに言うと、長い鞭の先で
床の石をピシリと鳴らす





そしてまた、高く振り上げた・・・・・・




「・・・ンンンっ!!!

  ・・・・・・・ッッアアッ!!!」




ギシギシと滑車と鎖が揺れる度、シャツは裂け散り
シュリの白い肌に赤い模様が刻まれていく

ガルシアはその姿を眺めながら、シュリの周りをゆっくりと歩き
何度も鞭を振り下ろした




その動きは驚く程 正確だった
宣言通り 顔や手といった、衣服を身に着けても
外から見える場所には 一度も当る事はない

その分、胸や腹、背中、腿など
隠れる部位には重なる様に幾筋もの線が引かれていく

何度も打たれた場所は 既に皮膚が裂け、血が流れていた





「ンッ・・・!! グゥ・・・・・・ ァァァッ・・・・・・・・」


歯を食いしばり、柔らかな髪を乱したシュリが
まるで蛇に絡まれ弄ばれる様に その身体を仰け反らせる



噛み締めた唇端から一筋の血が流れ
裂かれた身体の血と一緒になって脚を伝い床へと落ちて行った







燭台の蝋燭がその身を削るのと同じくして
ガルシアの行為は、痛みであまり声をあげなくなったシュリに
苛立つように激しくなった




「どうした! もっと叫べ! 大声で泣き喚け!
 この部屋では いくら叫んでも、その声は外には漏れぬ
 ここに至るまでの多くの扉が 音も声も、完全に遮断するのだ
 誰にも知られる事は無い、安心して叫ぶがいい!
 さぁ、もっとだ!
 ・・・・・お前は神だろう?! 
 神がワシの前にかしづくのだ!
 さあ、泣き声を聞かせろ!
 もっとだ!もっと!!」



いつまでも終わる事のないその責めに、声だけでなく
力さえ失ったシュリの体は
グッタリと、ただ鞭に踊らされる人形の様になった


それでもガルシアは手を止めようとはせず
何かに憑りつかれた様に鞭を振るい続けた


既にシュリの呻く声さえ 聞き取れない程に小さくなっている
意識があるのかさえ定かではなかった




「陛下!!  もう・・・ それ以上は!」

後ろに居たラウが、見兼ねて叫んだ



「うるさいっ!!! お前は黙って見ていろ!」

ガルシアが振り返るのと同時に
その手の中の鞭が ラウの顔面を捉えていた





「・・ンッッ!」

カラン!と音を立て杖が転がり、ラウが片膝を付く

衝撃で 結んでいた長い黒髪が解け、ハラハラと顔にかかり
その頬には真っ直ぐに 赤い裂け目が筋を引き血が零れる



「ラ・・・ ラウ・・・! ガルシア!やめろ!!」

そのラウの呻きに
力なくダランと吊り下げられたままのシュリが声を上げた




鞭打たれたラウの姿を見た訳ではなく
それは本当に、ラウの声に反射的に反応し、上げた声だった




「ほう・・・ まだ声が出るではないか
 口は使えると見える」



「おい、シュリを下ろせ」






華燭の城 - 51 に続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR