0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

華燭の城 - 35

叫び声を聞き、満足そうに嗤うガルシアの太い指が
シュリの体内でそのままカギ状になり、中を強引に掻き混ぜる




「んっ!!!!!! 
 ・・・・・ぁあ・・・・ッッ!! 痛っ!!! ・・・・・・・んっあぁあ!!」



その痛みと、行為そのもののおぞましさに、体が震え
崩れ落ちそうになる

が、挿し込まれた指が 体の内側からシュリを引き上げ
前からはラウの腕が抱え込み、倒れる事を許さなかった




太い指は何度も抽挿を繰り返す



「ぁ・・・・・ぁっ・・・・・・・・・!!!!
 ・・やめ・・・  ろ・・・・・・・・」


嫌悪という忌まわしい痛みに支配され
自分の内部を掻き混ぜるガルシアの指の感覚も
その痛みそのものの感覚すらもわからなくなっていく


ぐったりと抵抗の声もかすれていく頃
「もういいだろう・・・」
シュリの耳にガルシアの声が聞こえた




・・・終わる・・・

そう思った



が、次の瞬間、シュリは更に大きくその体を仰け反らせた






指が引き抜かれたばかりの場所・・・・
自分の粘膜に
ガルシアの大きく硬く猛ったモノの先端が触れていた



それは何度かヌルヌルと周囲をなぞった後
穴を押し広げ、自分の体内に突き込まれようとしてた



挿れ・・・ られる・・・・・


悪寒が走った


・・・・やめろっっ・・・・!







が、それは恐怖で言葉にならなかった







・・・ グッ・・ ググ・・・・・・・


「・・・んっ・・ぁあっぁああああああああああっっ!!!!
 ・・・・・・・・・・んっっっ!!!!」





指などとは比べ物にならなかった
言葉を作る事さえできない




「クソッ・・・・ なんて狭さだ・・・・・・・!」


シュリを後ろから押さえつけたまま、
ガルシアは乱暴に 自身のモノを捻じ込んで行く





「んんんぁああああああっっっ!!! 
 ・・・ や・・・・  め・・・ろっ・・・・・・・・!!!」


シュリはラウにしがみつき
裂かれる痛みに頭を振り叫んだ




だがそれが止まる事はない
ジリジリと確実に自分の内部をこじ開け奥へと圧し入って来る

言い難い不快感と、激しい痛み
肉を切り、骨を割り、止まる事の無いその弩張したモノの圧迫感で
心臓が・・・ 内臓ごと圧し上げられる感覚で、呼吸が出来なくなった

・・・ンッ・・・ン・・・・・ンッ・・・・・・・・!

息を詰め、必死にガルシアのモノを排除しようとした



「・・・もっと・・・・力を抜けっ・・・・!」

怒声と共に、尻がガルシアの手で割り広げられる

「・・・・・・ぃ・・・やっ・・・・ やめろっ・・・・・・・・・  ンッ・・・・・ンッ・・・」




やがて突き上げ続けたガルシアの脚が
自分の身体とぶつかる所まで密着すると
今度はゆるゆるとギリギリまで引き抜かれ、
そして再び最奥まで一気に挿し貫かれた





「・・ンぁっ・・!!!! んっ・・っっ・・・・・・・!!!!」

その衝撃と痛みにシュリが叫ぶ






華燭の城 - 36 に続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
565.   
はじめまして。かってに、神様にねがいしますので、見なかったことにしてください。  どうぞ、シュリとガルシアが幸せなカップルになりますように、間違っても、ラウには気持ちがいきませんように。  な~んて、ま、あれやこれや、色々気になる部分も多いですしね。意地っ張りが好きなんですが、シュリはダメそうですよねえ~ フ フ ㇷ た の し み
2017-10-18 |   [ 編集 ]
566.   きよ様
華燭の城に初コメントありがとうございます
シュリ×ガルシアとは・・!(汗
あ、でももう神は居ないので・・とか言い訳しながら
続きも読んで下さると嬉しいです
2017-10-19 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR