0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

華燭の城 - 33

「・・・裸にしろ
 服を脱いで そこの壁に手をついて足を開くのだ
 ・・・ラウム、早くさせろ!」


グラスに入れた新しい酒を一気に飲み干してから
ガルシアも自らの服を脱いでいく




ラウに腕を取られたまま
促される様にしてシュリが数歩 前へ進み出た

ラウは黙って小さく頷くと、シュリの乱れた衣服に手をかける


ボタンを外しベルトを外し・・・・・・・・

シュリは震える手で目の前のラウの肩に手を置き
ただじっと目を閉じていた





「シュリ様・・・足を上げてください」

そう言われ それが最後の着衣だと気付く




片足ずつ衣服を抜かれると 全裸のまま、
引かれるままに正面の壁まで歩かされ、そこに両手をついた



石のひんやりとした冷たい感触


蝋燭の灯りだけの薄暗い部屋で 周囲はよく見えなかったが
ここは他の部屋とは違い、
壁も床も 全てむき出しの石のままらしかった



足をわずかに開き、その冷たい壁に両手を付き頭を下げる



そこへ後ろから近付いてきたガルシアの足が
シュリの内膝へと入れられた




「もっと開け」

そう言われズズッ・・・ と外側へ
足を引きずられるように開かれる





足を開いた分、低くなったシュリの背中から
ガルシアが覆いかぶさるように腕を回した


腹の筋肉が シュリの腰に密着する


既に意気っているのか、ガルシアの硬いモノが尻にあたる



「クッ・・・・・・」

シュリは唇を噛んでその感覚に耐えていた



ガルシアの左手が 後ろから抱き締めるように回され
裸のシュリの胸を撫でていく

右手も前から下腹部をまさぐり、そのままシュリのモノを覆った





「んっ・・・」

小さく声を上げたシュリの肩口にガルシアが後ろから噛み付き歯を立てる

うなじから背中へ ザラザラと舌を這わせながら
ガルシアの手は動き続けた





「んっ・・・ぁあっ・・・・・」

虫が這い回る様な気持ち悪さに 全身が総毛立つ
悪寒が走り、首を振って抵抗の意思をみせる
・・やめろ・・・・・・・・  そう叫びたかった


だがその身体は すでに力が入らなくなっていた
立っているだけで膝がガクガクと震える


気を抜くと背中にのし掛かるガルシアの重さで
崩れ落ちそうになるのを
壁の、石の繋ぎ目の隙間に指を掛け 懸命にその体を支えた





胸を撫でまわされ、指で先端を摘み潰され・・・
自身のモノを握られて背中に歯を立てられる
胸も下半身も背中も・・・  体中を一度に責められ
どこで息をしていいのかさえ分からなくなる


それでも二度と言い成りにはなるまいと 必死に耐えていた



正気を失わぬ様、苦しさに喘ぎながら
石の間に自らの指先を喰い込ませ 痛みを作った
爪が割れ、指に血が滲む




だが ガルシアの無骨だったはずの手は
シュリのモノを激しく握り締め擦り上げたかと思うと、
繊細にも指の腹で先の穴を細かく探る




「・・・っ・・・ぁ・・・・ んっ・・・!」

思わず抵抗とは違う種の声を発しそうになり、唇を噛んだ






いつ終わると無い、その巧みな責めに
頭の中が真っ白になっていく


酒のせいもあってか、
痛みとも快感ともわからない、痺れるような感覚が体を支配し
立ってさえ居られなくなる


とうとう2度目の絶頂を迎えようとする寸前だった



ガルシアの手が不意に離された






華燭の城 - 34 に続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR