0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

華燭の城 - 7

「貰う・・・  だと・・・?」

名を名乗られれば、それに応えるのが礼儀
だが、父王はそれを意図して放下した



「何を馬鹿な事を・・・・
 ガルシアと言えば、あの帝国一の大国の王
 そのアナタが・・・・ ふざけられるのもいい加減にして頂きたい」


シュリの手を押さえたまま、静かだが強い父王の声が響く






ガルシアはその大きな体を、
今しがたまでシュリが座っていたソファーの中央へ ドサリと沈めると
細い目で 静かに二人を見つめた




「知っているなら話が早い
 いかにも、ワシはあの大国の9代国王、ガルシア・アシュリー
 だが、別にふざけているわけではない

 現にわざわざこうして こんな辺境の地まで足を運んだのだ
 いきなりで驚くのも無理はないが、 ワシは本気だ

 いくら戦をしないとはいえ・・・
 国境に警備兵ぐらいは置いているのだろう?
 連絡を取って聞いてみるがよい
 今、国境がどうなっているか、をな・・・」
 



「国境・・・・? まさか・・・・」



王が 入口の近衛に視線を送ると
近衛は無言で頷き 部屋を走り出て行った













暫くして部屋に戻ってきた近衛は 額に大きな汗を浮かべていた
その顔は明らかに青ざめている

そしてそのまま睨む様にガルシアを牽制しながら
王の下へと走り寄り跪いた(ひざまずいた)




「大変です・・・・
 国境は・・・・ 
 ・・・そのガルシアの国のものと思われる軍に既に包囲されている模様・・・
 境に一番近い町までは すでに十数キロ・・・・・
 ・・・砲がこちらを向いていると・・・」


「なんだと・・・!」

シュリが思わず声を上げた






「どうだ? これでワシの本気がわかっただろう
 これでもまだ 大ごとにせずとも済むよう
 距離を置いてやっているのだぞ? 有難く思え」



「我が国を、どうしようというのだ」

父王は鋭い目でガルシアを見る






 
「国? おいおい・・・
 こんな辺境の小国、奪った所でワシに何の得がある?
 勘違いするな
 ワシはこの国に 戦を仕掛けるつもりも無ければ、
 領地を頂こうと言うのでもない

 無論、そこの皇子を殺そうと言うのでもない
 言わば・・・・・ 両国の婚儀を望んでいるのだ」



「婚儀・・・・?」
  
父王が懐疑の表情を浮かべる

 



「ああ そうだ
 簡単に言えばーー・・・ 政略結婚というやつか?

 だが残念ながらワシには、相手となる子がおらん
 そこでワシの跡継ぎとして そのシュリを連れ帰り
 我が国の皇子として大事に育ててやろうと言うのだ
 一緒に来れば 贅沢三昧・・・・ そしてゆくゆくは大国の王
 
 それに 我が大国と縁続きともなれば、
 この国にとっても大きな後ろ盾

 もう二度と他国に攻め入られる様な事もなく 民は皆、救われる
 
 どうだ? 
 悪い話どころか、お前達にとっても願ってもない話だろう」




ガルシアは いかにも、と言う様に 両手を広げ、嬉しそうに熱弁をみせるが
その瞳は細く、喜などという感情とは全くの対極だった






「空々しい。
 そんな馬鹿げた話、私が受けるはずが・・・・・・」

ガルシアの言葉を黙って聞いていたシュリが
グッと拳を握り締め、睨みつけた






華燭の城 - 8 に続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR