0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
--/--/-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刻印 -22

「私のも慰めてくれ・・」

老人は確かにそう言った




信じられなかった・・・・

眼の前には背の低い白髪の老人
ニヤリと笑うと 不揃いな前歯が見えた
ボサボサの髪は肩までかかり、御世辞にも清潔とは言えない白衣を着ていた
その老人が奉仕しろと言っている・・

匠は嫌悪感しか感じなかった





老人のまだ小さなモノが目の前に引っ張り出され
匠の顔へ近づいてくる



「やめろっ・・!」

叫んではみるが両手を縛られている匠は逃げる事もできず、
ただ唇を噛んで目をキツク閉じ 顔を背けた



「そうか・・手は無理だったな・・」

老人は 縛られている匠の鎖を見てそう言うと
匠の唇に自分のモノを押しあてた

そして そのままヌメヌメと擦り付ける




「・・・・んっっ!!!!」


気持ち悪さに呻く

「ほれ・・・少しでいい・・・口を開けろ・・・」




顔を振って拒絶するが
頭を押さえられ とうとう匠の口に 無理矢理それは押し込まれた

「ほれ・・・・・・ほれ・・・・・・・・」
「・・ぅっ・・・・・・・・んっっっ・・」



「噛むんじゃないよ・・」

そう言って匠の頭を持ち、腰を動かし始める


「んぁ・・・くっ・・・・・ン・・ん・・・・・・・・んっ・・・」




無理矢理に突っ込まれるモノのせいで息ができない
喉の奥にあたって吐きそうになる
それでも老人は匠の頭を離そうとしなかった・・・


「んっ・・・・・ん・・・・ んぁっ・・・・・・・」


口の中で老人のモノが徐々に大きくなっていく



”・・・・や・・・やめろっ・・・・・はなせっ・・・”
口を塞がれ声にならない・・




何度も何度も それは強引に喉の奥で出し入れされた
苦しさにもがく・・・





その時だった・・
「ぁあ・・」 と言う老人の声と共に 匠の口の奥に何かが放出された


「・んっっ・・くっ・・・!!・・・」






「・・・ぁああ・・・・イイ・・・・・・・・」

口の中でヒクヒクとそれは動いている






老人は暫くそのまま匠の口の中で恍惚感に浸っていたが
やがて満足がいったのか やっと自分のモノを引き抜いた


「うっ・・・ぐはっ・・・・・・・・・・・・・・・・っっ!」




ゴホッ・・・・・
ゴホッ・・・・・・・・・



匠は思わず口に出されたモノを吐き出していた・・・・・・







「・・・ぁあ ・・久しぶりだ・・・ やはりイイ・・・  また頼むよ・・」
そう言って老人は笑った





「さて・・・・・ そろそろ準備をしないとな・・・
 しばらく大人しくしてもらおうか・・」

老人はまだ咳き込んでいる匠の腕に注射針を突き刺した




刻印 -23へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。