0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -231 (最終回)

自分の中に ハルへの憎悪や嫌悪はもう無い
だからこそ、後に遺されたこの背中の傷・・・・

ただ痛み続けるだけの この ”刻印” に何の意味があるのか・・・
匠はずっと、その思いだけが拭い切れずにいた





「浅葱さんの愛した・・・ ジンさんの蛇・・・
 そのジンさんが 最後まで守り・・・・ 一緒にいると誓ったハルの蛇・・・・
 ・・・ 一心同体の・・ 蛇・・・・・」

匠は 目を閉じた胸元で、両手でしっかりとジンのタグを握りしめ
自分に言い聞かせる様に 何度も小さく繰り返した





この刻印を 自分が背負って生きなくてはならない理由・・・・
いや・・・ それ以上のもの・・・
これから先、一生、自分を卑下することなく
コレを背負い続けていけるだけの理由・・・ 
自分自身を支えていける、この体を肯定できる強い理由・・・




















「浅葱さん・・・」
 
それから暫くして匠は目を開けた




「この背中の蛇は・・・ 浅葱さんに愛され、ジンさんに守られている
 それなら俺は・・・・・
 堂々とその想いを受け止め・・・・ これを背負う。
  
 そして、この体で浅葱さんを愛していく・・・・・」


そう言って顔を上げた



握り締めていた双頭の蛇を 浅葱へと返す匠の瞳は
真っ直ぐに、目の前の人物だけを見つめていた

浅葱も匠の瞳を見詰め、 「ん・・・・」 とだけ頷く



そして返されたタグを目の前の十字架に掛けると、静かに目を閉じた

「浅葱さん・・・
 それは大事なジンさんの形見・・・・・・」


「いいんだ、元々 このタグはジンが春の為に作った物だ
 俺はもう十分 支えてもらった 
 だから今日は ジンに返すつもりでここへ来た」


浅葱は匠の方へ振り返った
 

「これからはお前が居る
 お前が俺の支えだ
 匠・・・ 愛してる・・・・」



浅葱の腕が匠を引き寄せた


「・・・はい・・」
匠も浅葱の腰に腕を回し、強く抱き締めた







「浅葱さん・・・ 俺は約束、守りましたよ・・・
 自分の足でここまで登り、自分の目でこの景色を見ました
 だから、次は浅葱さんが約束してください、ジンさんの前で・・・」

「・・・何だ・・・・?」
浅葱の腕の中で 匠がじっと顔を見上げていた




「もう、絶対に・・・・・
 自らを責めたり・・・・
 ・・・・死に急ぐ様な事は、絶対にしないと・・・・・」

その言葉に浅葱の表情がフッと緩む



「言っただろ・・・ これからはお前が居ると・・・ 心配しなくていい
 ・・・・・わかった、約束する 匠・・・ もう馬鹿な事は考えない
 ・・・絶対にお前を離さない」

「約束、ですからね・・・・・」

安心したように 匠が浅葱の胸に顔をうずめた




そんな匠の頭を愛しそうに撫でながら
「・・・・じゃあ 匠も・・・・・・・」
そこまで言いかけて 浅葱が黙り込んだ




「・・・・? 何ですか? ・・・・浅葱さん?」
なかなか続きを話さない浅葱に匠が首を傾げる





「浅葱さん・・・??」

「ん・・・・・・
 じゃあ・・・
 ・・・・・ お前も約束しろ・・・
 ・・・・・ もう何処へも行くな、ずっと俺の側にだけに居ろ 
 ・・・・・・・・・ もう・・・ ・・・・ 他の男には・・・ 絶対に渡さない・・・・・・・・・・」

浅葱の いつもより少し小さな、照れくさそうな声がした





その言葉に少し驚いたように 匠が顔を上げる
見上げる浅葱の顔は 気のせいなのか・・・ ほんの少し赤く見える



クスリと腕の中の匠が笑うと 「こら、笑うな・・・」
そう言って一層強く抱き締められた


匠はコクンと頷いてから その胸に頭を預け、ゆっくり目を閉じる
少し早い浅葱の鼓動が聞こえた・・・






匠はそのまま 温かい浅葱の腕の中で微笑みながら
浅葱と 十字架のシルエットが映る夜景を見つめていた







「ジンさんは ここから俺達を見守ってくれてるんですね・・・
 今までも・・・  そしてこれからも・・・」
匠が呟く

「ああ、そして俺達もだ・・・
 ウラではあるが この街の灯りを守っている
 匠・・ その事を忘れるな」

「はい・・」








工場地帯の遥か向こうまで続く家々の灯り
その広大な夜景を見下ろす小さな十字架の前で、浅葱が強く匠を抱き締める





「帰るぞ、匠
 オヤジと深月が待ってる
 俺達の家に・・・・・」




刻印 -完-









長期のご愛読ありがとうございました
第二作目作品 「華燭の城」はこちら

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
499.   
完結おめでとうございます!
日課がなくなって寂しくなっちゃいます( ; ; )
番外編とか書いていただけると万々歳です(^O^)
2014-01-27 |   [ 編集 ]
500.   
完走おめでとうございます&お疲れ様でした!
昨年このブログを発見して以来、密かに毎日楽しみにしていました。
文章がとても読みやすくドキドキハラハラさせる展開で全く飽きることが無かったです。本当すばらしい…!
最後の浅葱と匠の決意にグッと来ました。その後の話も気になりますが、また次展開があれば全力で応援します。
ので是非!!(笑)
2014-01-28 |   [ 編集 ]
501.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
502.   
完結おめでとうございます!
お疲れさまでした。
毎日の楽しみをありがとうございました。
すごく面白かったです。
続編や番外編(…また匠さんたちに会えたら嬉しいです)、また新たな作品を楽しみにしてます。
2014-01-28 |   [ 編集 ]
503.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
504.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
505.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
506.   
あい様
コメントありがとうございます!
最後まで読んで頂いて感謝です
またたぶん・・・たぶんですが、
すぐに次書きます(笑)
2014-01-28 |   [ 編集 ]
507.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
508.   
晴様
コメントありがとうございます!
ラストは前向きに進む匠の姿を・・と思っていました
最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!
2014-01-28 |   [ 編集 ]
510.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
511.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
512.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-28 |   [ 編集 ]
513.   
Z・・・様
いつもコメントありがとうございます!
そうですね、これからはこの刻印が
逆に匠の支えになればと想いをこめて。
2014-01-28 |   [ 編集 ]
514.   
ナユタ様
コメントありがとうございます!
この匠達ですが
これからもシリーズで書けたらいいなって・・・
構想中です!
2014-01-28 |   [ 編集 ]
515.   
え・・様
コメントありがとうございます
初めての作品で、恥ずかしいばかりですが
最後までお付き合いくださり
本当にありがとうございました!
2014-01-28 |   [ 編集 ]
517.   
キャ・・様
コメントありがとうございます!
そして通い詰め・・・本当にありがとうございます!
訪問カウンターの数字が励みでした!
2014-01-28 |   [ 編集 ]
518.   
w・・・様
コメントありがとうございます!
はい!もうここまで来たら
絶対に匠達のその後は書くつもりです!!
待っててください!
2014-01-28 |   [ 編集 ]
519.   
y・・・様
コメントありがとうございます!
その後の続編、新しい事件として
また匠達を書きたいと思います!

2014-01-28 |   [ 編集 ]
521.   
よ・・・様
コメントありがとうございます!
第2章、待っててください!
絶対 匠は戻ってきます!
2014-01-29 |   [ 編集 ]
522.   
さ・・・様
いつもコメントありがとうございます!
ランキング1位は夢のまた夢・・・(笑)
でも、これからも頑張ります!!!
2014-01-29 |   [ 編集 ]
523.   
た・・・様
コメントありがとうございます!
かなり痛い話ですが
でも最後は読んでよかったと思って貰える作品にしたかったので。
また書きます!
これからもよろしくお願いします!
2014-01-29 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR