0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -210

「どうした・・・・タクミ・・・? 
 苦しいか・・・・・?
 その身体、鎮めて欲しいのか・・?」


ベッドに腰掛けたハルの細い指が 匠の体にゆっくりとなぞっていく
首筋にその指が ツ・・・・ と触れると、匠は目を閉じたまま顔を仰け反らせた


「・・・っ・・」
小さく声を上げる匠を、目を細め愛しそうに見つめながらハルが口を開いた




「愛だの幸せだのと言っていたが・・
 お前はまだタクミに触れた事がないのだろう・・?
 浅葱などに託さず 自分の手で愛してみてはどうだ」

視線こそ向けはしないものの、それは深月へ問いだった
そのまま ゆっくりとハルの指が匠の胸に触れる


「・・ぁ・・っ・・・・」
わずかに腰を浮かし体をよじる匠にハルは微笑んだ


「こんなにも美しく愛おしいモノを、私は二度と手放しはしない・・・
 どうだ、タクミの声は・・?
 タクミを愛しているなら、この声は我慢できないだろう・・・
 触れてみろ、お前もこの体に・・
 そうすればわかる、私の気持ちが・・・」



まるで大切な宝石でも扱うようにそっと指で触れ
優しく匠に微笑むハルの姿を深月は不思議な感覚で見つめていた

この男は・・・ 本気で匠さんを愛してる・・・・・














77階の一番奥の居室の前・・・
その扉の左右に分かれ、浅葱とオヤジは立っていた

ホルダーから取り出した銃を オヤジもスツと構える



だが扉が開き、この部屋に一歩踏み込んだとしても
すぐに銃撃戦などにはならない・・・

それは二人共がわかっていた



扉の内側・・
少なくともすぐに人影を捉え得る範囲には 人の気配が感じられない

自分達が走ってきた廊下の距離と部屋数を考えれば
各部屋の広さは容易に推測される

もし仮に部屋に人が居たとしても、それは気配の及ばないかなり遠く・・・





それぞれの銃の安全装置を解除すると二人は その事も確認するかの様に
無言のまま視線を合わせ頷いた



「透、やってくれ」
オヤジが内ポケットの中で透に繋がったままの携帯にほんのわずかな声で囁く



「はい・・」
その言葉はカウントダウンは必要無い事を示していた
透の指がカタカタと動き、扉が音も無く開く・・





血の・・匂い・・・

扉が開き、つま先がわずかに室内へと入ったと同時に
浅葱が眉間にシワを寄せた

複数人の血なのか、1人の物なのかは判らない
だが確かにこれは人間の血・・・


匠・・・・
深月・・・・


ハル・・・




唇を噛み苦悩の表情を浮かべる浅葱に オヤジがゆっくりと頭を振る
”焦るな、恭介・・・・”


その落ち着いた眼差しで
浅葱はもう一度 顔の横で銃を構え直し、オヤジに向い頷いた




脇にあった大きな猫脚のキャビネットに身を隠しながら
二人は部屋の中へ踏み込んでいく



大きな執務机にソファ、テーブル
壁際には巨大な本棚があり
資料らしき物が整理されているとは言い難く雑多に置かれている


そのソファの側には漆黒の軍服とシャツがあった
袖口のラインと階級章は中佐
それは匠の物に間違いはない・・・

少し離れた絨毯の床には注射器が転がっているのも見て取れた


確かに匠はここに居た・・
そして深月も・・・




刻印 -211へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
400.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-28 |   [ 編集 ]
401.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-28 |   [ 編集 ]
404.   
タ・・・様
いつもコメントありがとうございます!
10日もお待たせしてこれだけ・・
申し訳ないですー
2013-11-29 |   [ 編集 ]
405.   
Z・・・様
いつもコメントありがとうございます!
もう到着致します!
2013-11-29 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR