0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -207

「だめか・・・・・・」
溜息とも声とも判らない程の声で呟き、額の前で指を組み俯いた透の側で
秘書の男の小さな声がした


「あれを・・・・」
「ん・・・・?」


秘書の目線の先、顔を上げた透の前で
真っ暗だったコンソールの一部にグリーンのランプが 
ポツ・・  ポツ・・  ポツ・・・ 点り始めていた

淡く小さく、はかなげな灯りだったが
それらは確実に並んで点灯していく・・・・




暗闇に点り始める光に 
透は、ゾワゾワと全身が総毛立つ様な感覚をおぼえていた


「これは・・・・解除出来たということなのか・・・・・?」
監視カメラも何も映さず、状況が把握しきれない透の横で
深月のタブレットが 眩しく点滅をし始めた


”Toru, congratulations!”


その文字は暫く点滅を繰り返した後 また新たな文字を並べ始める
それはエレベーターが起動した事を示し、これから行うべき作業の手順が
事細かに書かれていた


「深月君・・・・・・・・」

緊迫し続けていたこの状況の中で、やっと透に笑みが戻る



透はそこで初めて息をした
もちろん呼吸こそしていたが、重圧から解放された安堵からか
初めて胸の奥深くで本当に息を吸ったという実感があった



「先生・・ お待たせしました! エレベーターが解除できました」

深月の遊び心に救われ、透は ふぅーと、その息を吐きながら
待ちかねているはずのオヤジへ連絡を入れた



「よっしゃ!!」
オヤジが飛び上がるように席から立ち上がる


「30階までの人は避難中です
 31階以上もこれから順次避難させますが・・・ 先生、77階をお願いします」


「77階?」
オヤジの声が 喜びから一気に訝り (いかぶり) の声へと変わる


「はい、申し訳ありません・・
 深月君が77階を偵察に行き、奥の部屋が気になると言ったまま
 連絡が・・・・  途絶えています・・・」


「深月が!?」
先に声を上げたのは浅葱だった


「いつだ・・・いつの事だ!  77階というのは何がある!」
浅葱はオヤジの携帯をひったくるように取り上げ叫んでいた



「浅葱君・・・申し訳ない。  3時間ほど前だ
 77階はNO.2のうちの二人の執務室と居室があるはずだが
 その二人共とまだ連絡は取れていない・・・」


「わかった・・・・ もうそこまでは行けるんだな?
 大至急、上へ向う」



浅葱は携帯をポンとオヤジへ投げて返すと、部屋を飛び出していた
オヤジも携帯を受け取りながら、浅葱の後を追って部屋を出る


「俺も恭介と上へ行く、透、後の事は・・・」

「わかっています、先生
 これからの事も、深月君がしっかり指示を残してくれていますから
 携帯はこのままで・・・・お気をつけて、先生」

オヤジが言い終わるか終らないかのうちに 透の声が返ってきていた






透はタブレットの指示に従い 防火扉の解除に専心していた
二人を途中で立ち止まらせてはいけない・・
その思いで必死だった



その隣では秘書の男も、引き続き各部屋の開錠と連絡を同時進行させていく
一般人の救助・・・・
どんな場合でも仲間より、それが最優先・・・
その思いは二人の・・・いや、オヤジ、浅葱、匠、深月・・・・全員の思いでもあった





防火扉が次々に解除され、解放されていく廊下を オヤジと浅葱は走っていた
エレベーターホールが見え始める
「透、もうすぐエレベーターだ!」


扉の前に走り着くとほぼ同時に スッと扉が開き
二人を乗せたエレベーターは 勝手に上昇を始める


表示も何もない箱の中で、二人は慌しく装備の点検をした
77階・・・
そこが決戦の場になる・・・




刻印 -208へ続く








*諸事情により更新が不定期になってしまいました
 が、これからも書き続けます。コメントのお返事も返して行きますので
 どうかよろしくお願い致します
 拍手コメント、コメントのお礼はツイッターにも呟いております  ・・・・凛



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
362.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-06 |   [ 編集 ]
372.   
いつもコメントありがとうございます!
こんな深夜のUPに
早速のコメントありがとうございます!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
373.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-06 |   [ 編集 ]
374.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-06 |   [ 編集 ]
375.   私の脳内では…
更新ありがとう!

…の文字が点滅しております!!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
376.   
お話動き出しましたね~!
読み返しながら更新楽しみにしておりました!
家人様の早くよくなるといいですね><

無理せずのんびり
凛さんのペースでやっていけばいいと思いますよ。(ランキングも重要ですがあえて目安なので気にしすぎるのも良くないかと)
差し出がましいことを言ってすみません!
応援してます!

長文失礼しました ではでは~(*´ω`*)ノシ
2013-11-06 |   [ 編集 ]
377.   
やっと助けにいけますね。迫る時間はもうハラハラです。続きも読みたいです。ありがとうございます
2013-11-06 |   [ 編集 ]
378.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-07 |   [ 編集 ]
379.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-07 |   [ 編集 ]
380.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-07 |   [ 編集 ]
381.   
w・・・様
コメントありがとうございます!
毎日は無理ですが続けますねっ!
2013-11-09 |   [ 編集 ]
382.   
さ・・・様
いつもコメントありがとうございます!
本当に本当に嬉しいお言葉です!
こちらこそ、ありがとうございます!

2013-11-09 |   [ 編集 ]
383.   
さ・・・様
いつもコメントありがとうございます
いっぱい点滅させてくださいーw
2013-11-09 |   [ 編集 ]
388.   
もあ様
コメントありがとうございます!
コメントのお返し遅くなってというか・・
本当に遅すぎですよね、ゴメンなさい
まだペースは遅いですが必ず続けます!
2013-11-23 |   [ 編集 ]
389.   
お名前が無いのですが・・様
コメントありがとうございます!
お返事遅くなって本当にすみません!
やっとこれからです
2013-11-23 |   [ 編集 ]
390.   
m・・・様
いつもコメントありがとうございます!
こんなにお返事遅れてすみません!
ご心配おかけしています><
2013-11-23 |   [ 編集 ]
391.   
イ・・・様
コメントありがとうございます!
初めて頂いたコメントのお返しがこんなに遅く・・
ヤキモキさせて本当にすみません!
書きます!頑張ります!
2013-11-23 |   [ 編集 ]
392.   
こちらもお名前が無いのですが・・様
コメントありがとうございます!
更新はまだ遅いですが頑張ります!
2013-11-23 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR