0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -206

透はこの作業を始めた当初、疑問に思っていたことがあった
それは開けられていく部屋がバラバラだという事・・


ワンフロアに10部屋あったとしても
1つしか開かない階もあれば、5つ6つと開く階もある



開けるなら何故 全部の部屋を開けないのか・・・?

そう不思議に思いながらも、側に居る自分の秘書の男に指示を出し
開錠が出来た部屋へ連絡を入れさせる



まだエレベーターが動かない事
安全確保の為に防火扉は閉めたままにしている事
エレベーターが動き始めれば、順次避難誘導できる事
それまでは部屋で待機する事など・・・

パニックを起こさない為に
必要最小限の真実と わずかな嘘を与え鎮静を促した


そして逆に 人数や体調不良などの者が居ないかも聞き取っていく
これはエレべーター可動後の、非難の優先順位を決める為だった




そんな 連絡を繰り返すうち、透はある事に気が付き始める


連絡を入れる全ての部屋に、人が居る・・・
つまり、無人の部屋は OPENリスト に入っていない

監視カメラは映像こそ映らないが
深月はそこから何らかのデータを読み取り
確実に有人の部屋のみを開錠していた・・



たったあれだけの時間で、こんな物を作ったのか・・
素人同然の自分にも扱えるようにして・・・


透は驚きと、そして責任の重さを感じていた



あの深月君の作った物だ
エレベーターの解除は絶対にこのプログラムで出来る
そんな確信があった



問題はその時・・・
カウントダウンの数字が 残り1分になった時から始まる自分の作業
自分がタブレットの指示通り 動けるかと言うことだった

それを逃せばまた3時間・・・





そして その時はもうすぐ訪れようとしていた
透は複雑だった手順を思い出し、繰し返し確認をする



画面の端の時計表示が 0:01:00 を示すと同時に
透の手は動き始め 目まぐるしく数々のキーを叩きコンソールを操作した

そしてキッチリ 1分後・・・ 
0:00:00 になった時、透の手がENTERを押す



が・・・音は何もない


静まり返った部屋で 透に焦りの色が浮かぶ
どこか入力を間違えたか・・・


何の変化も感じ取れなかったが
画面の右端あった 0:00:00 の時計がフッと消え
コンソールパネルに ポンと1つグリーンのランプが灯った・・・








深月もその時を待っていた
腕時計の針も、もうすぐ その時 である事を示している



部屋の男達は、まだ何も変わりはない


あのタイムロックは複数個付いていた
それを深月自身が解除し
時間内に出来なかった残りの3個で、時間を割り出した

3個にまで減らしていなければ どれだけ計算しても12時間以上の時が必要だった


たぶんコイツ等は 12時間の猶予があると思っているんだ・・
だから急いで逃げる訳でもなく、人質を殺すでもなく
こうして、こんな場所で匠さんを・・・・



3時間・・・
この時間を知るのは、自分と それを託した透さんの二人だけ・・
透さんなら必ずやってくれる

そうすればもうすぐ助けが来る




刻印 -207へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
351.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-28 |   [ 編集 ]
352.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-28 |   [ 編集 ]
353.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-28 |   [ 編集 ]
354.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-28 |   [ 編集 ]
355.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-29 |   [ 編集 ]
356.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-30 |   [ 編集 ]
357.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-31 |   [ 編集 ]
358.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-31 |   [ 編集 ]
359.   
はじめまして

ドキドキしながら楽しみに読ませていただいています

毎日更新されていらっしゃいましたが、最近はお休みされていますね

もしかして体調がお悪いのかと心配になりました

どうぞ御自愛なさって下さい

気長にお待ちしていますね
2013-11-02 |   [ 編集 ]
360.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-02 |   [ 編集 ]
363.   
Z・・・様
いつもコメントありがとうございます!
遅くなりましたが不定期再開しますね!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
364.   
S・・・様
いつもコメントありがとうございます!
ランキングはもう見ない事にしました。。w
2013-11-06 |   [ 編集 ]
365.   
y・・・様
コメントありがとうございます!
遅くなってしまいましたが
不定期ではありますが再開いようと思います!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
366.   
さ・・・様
(返信が多くなってるのでお名前、ひらがなで書かせて頂きました)

優しいお気遣い、本当にありがとうございます!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
367.   
Z・・・様
本当にこればかりは・・・
小説の様に上手くはいきませんね。。
2013-11-06 |   [ 編集 ]
368.   
m・・・様
いつもコメントありがとうございます!
ご心配おかけしています!
が、また不定期ですが再開しますね!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
369.   
さ・・・様
0話からの読み返しは恥ずかしいですーw
2013-11-06 |   [ 編集 ]
370.   
K2様
コメントありがとうございます!
ゆっくりですが再開しますので
これからもよろしくお願い致します!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
371.   
タ・・・様
コメントありがとうございます!
不定期ですが再開しようと思っています!
2013-11-06 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR