0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -203

男は匠の腰を掴んだまま、自らの・・・既に大きく猛るモノの先を
その中央へと押し当てた


それは鍛え上げた硬く大きな筋肉で覆われた男の
その屈強な体に 見合ったモノだった


今まで その体で多くの女達を抱いてきた
特定の相手を決めずとも、相手は途切れる事なく向こうからやって来た
そういう面では 不自由した事は無い
テクニックも・・・  ・・・勿論、他人と競った事など無いが・・・
そんな理由から勝手に自負していた



女の体ならば熟知している



が、、、




男は匠の腰を掴んだまま、一度大きく息を吸い込む

そしてそれを吐き出さないまま、一度胸に溜め
押し当てた場所から一気に突き立てた・・・



「ンッッ!!!! ・・・・んっぁああああああああっ!!!」
「んっ”!」

叫びに近い匠の声と、小さく唸る男の苦悶の声がした




匠の小さな場所に、物理的に無理だと思われるそのモノを
男は容赦無く捩じ込んでいく


しかもそれは、ただ 欲を果たすだけの行為だった

嫉妬でも独占欲でも、まして愛情でもない・・・ 
ただ単に ” 破壊 ” したいという欲・・・


その欲は一度も止まる事無く、匠の身体の中心を貫いていく




「・・・・・ッグッ・・!!!!」


焼けた鉄棒を捩じ込まれる様な苦痛に顔を歪め
唇を嚙み締める匠には 既に声を出す余裕すらなかった


息を詰め、少しでもその凶器の侵入を止めようとしても
体中が痛み、出血と薬で朦朧とし、力を入れる事さえ出来ない


リズムも一定でなく、ただ無理矢理に捩じ込むだけの動きに
呼吸をするタイミングさえ計れなかった


その苦しさと痛みから
今 唯一、意思で動く自分の体・・・右手だけで胸のタグを握り締めた
掴まれ、逃れられない匠の太ももに ツー。と血が伝う・・




「やめろっ!!
 やめろ、やめろっ!!  ・・・やめさせろっ!! 
 匠さんが!!! 匠さんが・・・壊れてしまう!!
 お前だって、匠さんが好きなんだろ!! 
 だったらあんな事させんなっっ!!!」


深月はベッドに繋がった手錠をガチャガチャと鳴らしながら
側に居るハルに向かって叫んだ



が、そんな深月の声が聞えているのかどうかさえわからない程
ハルは匠のその姿を ただ黙って見つめ続ける




「お前は、今まで人を愛した事なんて無いんだろっっ!!
 だからこんな酷い事・・!!」


「なんだと・・・・・?」
その言葉に やっとハルの冷たい目が動く
顔を動かさず、ただ目だけが、その視線が深月を捉えた



「りゅ・・・・う・・・・・やめ・・・・・・・りゅう・・・・・・さん・・・」
既に身体の奥まで達しながらも
全く力を緩めようとしないその男のモノで 掻き回され破壊されながら
タグを握り締めた匠が首を振る





ハルは立ち上がり深月の前に立つと、深月のシャツに手を掛けた

「・・なっ・・・!」
深月は思わず息を呑み、目を見開いてハルを見る・・

ハルが手を左に払うと
深月のシャツのボタンが勢いよく弾け飛び、その肌が露になった



「愛、などと・・・・

 ・・・先生、先程も途中で止めてしまわれた
 そろそろ見学だけというのも、我慢の限界なのではありませんか?
 この男でよろしければ、薬でも何でもご自由に・・・」




刻印 -204へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
342.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-25 |   [ 編集 ]
343.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-26 |   [ 編集 ]
344.   
いつもコメントありがとうございます
安心してくださいw(謎
2013-10-26 |   [ 編集 ]
346.   
いつもコメントありがとうございます
複数入り乱れております・・汗
2013-10-26 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR