0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -202

男は高く上げさせた匠の腰を両腕で掴むと
中央をグッと開き、そこへ舌を伸ばしていく


「んんぅっ・・・!!くっ・・・っ・・」

男の熱を帯びた舌先が触れると
匠の身体は仰け反り、伏せていた顔は天を仰ぐように上を向いた


深月の目の前に、苦しそうな匠の顔があった・・・




「いやだっ! ・・やめろっ!!」
叫んだのは深月だった


匠から目を逸らし、唇を噛んで俯く (うつむく) ・・・
そんな深月の側に ハルが歩み寄って来る


ハルの長い腕がスッと伸び
軽く指を掛けただけで 深月の顎を易々と持ち上げると
暫くその深月の顔を 目を細め、無言のまま見つめていた




部屋は そのハルの放つ異様な雰囲気に包まれる



「な・・・・何だよっ!!!」

その 眼差しの強さと、部屋の空気に思わず怯み
居たたまれなくなった深月が先に声をあげた





そんな深月を黙ってハルは見つめ続ける・・




「・・・・・・・クソッ・・」
深月のピンと張り詰めた精神の糸・・・ それも限界が近付きかけた時
やっとハルが口を開いた



「お前は、浅葱にタクミを託したのだろう・・・・・・?
 ならば、しっかり見ていろ
 その結末が・・・ お前の想うタクミが どうなるか・・・・・・その目で確かめろ」



深月は 自分の顔を持ち上げるハルの指を 一振りで払い除けると
わずかに涙の滲む目で ハルを睨みつける


「浅葱さんは・・・ 浅葱さんは、絶対に助けに来る!
 この前だって、今だって・・・ 絶対に・・!」


「・・・・お前も、現実と言うモノを思い知った方がいい・・」
先程までの 嫉妬や独占欲などというモノに包まれた赤い炎は消え失せ
ひどく落ち着いた、醒めた目だった





払い除けられた手で 再び深月に手を伸ばそうとするハルに
「・・・流さんに・・・・それ以上、触れるな・・・・・・」
匠の呟く声がした

 

左腕が使えず右肘でその上体を支え
腰を男に抱えられたままの匠の姿に ハルは楽しそうに笑う

「フフッ・・・・ そんな そそる格好で・・・・・・」





ハルは深月に伸ばしかけた手を匠の方へ回し、顔を寄せ その唇を合わせる


「んっ・・・!」

匠は何度も抵抗し顔を振るが
深月が一度で払い除けたその手を 匠は振り解く事が出来なかった


頭を振ると薬のせいか、天井が揺らぎ回るような錯覚を起こし
酷い眩暈が襲った




ハルは深月の目の前で 匠の口へと舌を挿し入れ、口内を弄び
湿った音を立て始める


背後から身体を執拗に舐め、苛む (さいなむ) 男の舌と
口へ挿し込まれた舌とで、匠はその体を大きく仰け反らせ
ただ首を振って抵抗するしかなかった




ハルは匠の口内をまさぐりながら、背後の男へチラリと目線を送る


男は 自分のベルトを緩めるとファスナーを下ろし
窮屈だった場所から 自分のモノを外へと解放する・・




刻印 -203へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
339.   
匠とハルのエロさにはいつも生唾ものですが、それに劣らず今回の流は可愛いですね!
2013-10-24 |   [ 編集 ]
341.   
いつもコメントありがとうございます
最近、流の出番ばかりの気がして
それも悩んでおります・・・笑
2013-10-25 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR