0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -193

・・・私が・・ エリートを・・・壊す・・・・?

男は下を向き、目の前にいる匠の顔を見た
ついさっき 自分の中に芽生えた初めて感情・・・

男を抱きたい・・
そして、それを・・・・

しかし、本当にそんな事が・・・

グッと堪えるように唇をかみ締める男を見つめながら
ハルはクスリと笑った




匠の体から自身を引き抜くと、溢れたモノが流れ落ちる・・



「こっちへ来い」
その言葉に 男はハッと顔を上げた

「早くしろ・・・」
「・・・・・・は・・・・はい・・・」



男が 押さえ付けていた匠の体を離すと
匠はその苦しい体勢からやっと解放され、呻きながら体を戻し
脚を伸ばした

刺された左腕を右手で押さえながら
陵辱された体の痛みで 身をよじり、熱で灼けそうな背中をわずかに持ち上げる



ハァハァと 匠の苦しい息遣いが響く部屋で
男はハルに呼ばれるまま おずおずとベッドへと上がった




「ほうほう・・・
 このお堅い男が 初めて男を抱くか・・・・これはまた一興・・・・・
 お前さんも、いい玩具だな・・・・・」
老人は嬉しそうに 匠の体を何度か撫でた後
瓶から直接酒を煽り、緩んだ口元を クッと袖で拭う





「お前、もちろん女は抱いた事はあるんだろう?
 男の体は 女の様に柔らかくは無いぞ・・・・」
ハルは男の手首を掴むと 匠の胸へと持って行き その突起を触らせる



薬と イかされたばかりの余韻で 匠の反応は敏感だった

「・・んっ!」  小さな声を上げ、体が跳ねた
その反応に驚いた様に 男がビクリと手を引こうとする
それを ハルの手が掴んで離さなかった



「どうだ・・・ タクミは敏感だ・・・可愛いだろう・・・
 もっと虐めてみたいなら、構わない、やってみろ」
冷たいハルの声だった



躊躇する男の手にハルは自分の手を重ね、匠の体を撫で回す・・・
ハルの手で、勝手に動かされながらも
男はその匠の肌に 言い様の無い昂ぶりを覚えていた



「・・・いい体だ・・・・・」  ハルの声に男は思わず頷いた



たった今、目の前で見たこの二人の交わる姿が 頭から離れなかった

同じ様に支配して・・
この目の前の美しい男を、私の体で・・・

同じ様に陵辱して・・
この体の昂ぶりを・・・・思い切り吐き出せたら・・・・

早まる鼓動が 苦しい程に男の体を締め付けた







浅葱の手でもなく、ハルの手でもないゴツゴツと無骨な手が
体中を撫で回していく・・・


その手が 下腹部から更に下がり、匠のモノを大きく包み込んだ

力加減のない 荒々しい手で、それは握り締められ
ぎこちなく動き始める




「・んっ! ・や・・・やめろ・・・・・・・・・・」
匠が声を上げた



「口でやってみろ」
匠の声をまるで無視し、ハルは男の頭を押さえ
匠の脚の間にその顔を近付けさせる


・・・ !! ・・・・
男は、驚き 一瞬ハルの方を振り返った
・・・冷たく笑うハルの顔が 男を見ていた


「・・・・やれ・・」
ハルは顎で 男にそう言った




刻印 -194へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
312.   
どきどきが止まりませんね!(≧∇≦)
取り乱したハルにキュンッてなりました(((o(*゚▽゚*)o)))秘書さんに初フェラさせるなんて、さすがハル!
2013-10-15 |   [ 編集 ]
313.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-15 |   [ 編集 ]
315.   
いつもコメントありがとうございます!
これから秘書も出番が増えるかな?
2013-10-16 |   [ 編集 ]
316.   
いつもコメントありがとうございます!
秘書には名前がありませんでしたね
あ、老人も・・笑
2013-10-16 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR