0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -191

ハルは 秘書の男に脚を押さえさせたままの匠を じっと見下ろしながら
自ら衣服を脱ぐ


閉められたブラインドの隙間から わずかに射す光で見えるハルの裸体に
男は思わず息を飲んだ


自分が押さえつけている男・・・ 匠の体もしなやかで美しかったが
目の前に立っている男の体もまた 完成されたものだった



日々、トレーニングだけを積んできた自分の固い体とは
まるで違う次元の美しさがあった



この二人が・・・交わるのか・・・?


男同士など・・・そう思っていた自分の体が反応するのがわかり
男は顔を紅潮させる


そんな男の反応を 老人が絡みつく様な濁った目で見上げていた



男の視線に気が付くと ハルは、自らの体を匠の脚の間に置き
まるで見せ付ける様に、 匠の太ももを押さえ 左右にグッと開かせる

「・・んッ・・・!!」  
薬の作用と戦いながら、匠が小さく呻き 拒否する様に顔を振った



「よく見ていろ・・」 
ハルはいつもと同じ様に冷たく笑い、男にそれだけ言うと
何の準備もなく いきなり匠の後ろへと自身を突き挿した



「・・!! ・・・・・ン”ッッッ・・・ッァっっーーーー!!!!」
唇を噛んだまま、匠の呻き声が上がり、大きく体が仰け反る

少しでも体をズリ上げ 挿し込まれたモノから逃れるように体をよじる匠の脚を
ハルは両手で掴み逃そうとはしない

そのまま匠の奥深くまで無理矢理に挿し込みながら、動かし
狭い場所を押し広げていく・・・



「んッッ!! ・・んっ・・・ん・・・ん・・・っっぁッ!!」
激しく首を振り、侵入を拒む匠の体に ハルは容赦しなかった


「もっと鳴け・・・・・・タクミ・・ 声を上げろ・・・」
ハルの体が 匠を突き上げる度に、その振動が男の腕にも伝わる
その振動と匠の声は 男の中に、初めての感情を呼び起こしていた




「ンッ・・!!!ァッっ・・ や・・・・やめ・・っ・・・・」
匠は声にならない抵抗を続ける

が、薬のせいで その体は敏感に反応し
感覚だけは益々研ぎ澄まされていく・・


「ぁ・・・っ! ・・・ん・・・・・・っっ・・・っ・・・・!!!」
突き上げられる度に 匠の体がビクッ、、ビクッと震え
嚙み締めた唇から声を漏らす・・・・・




永遠に続くのでは無いかと思う程の 陵辱の時間・・・
強く目を閉じ、引き上げられ、押さえつけられた脚を開き
苦しげに荒い呼吸を繰り返しながら
それでもその声は、痛みと苦痛を乗り越えようとしていた

そこは自分の体の奥深く、何度も浅葱が愛し救ってくれた場所・・・


腕の出血と体の痛み、薬とで朦朧とし始めた匠の意識は
徐々にハルの元を離れ、 全く別の場所で・・・・
浅葱の腕の中でその声を上げ始めていた




・・・・この体の痛みは全て浅葱さんがくれたもの・・・

・・・・俺は・・・何があっても、浅葱さんだけのもの・・・・・

・・・・・・・浅葱さん・・・・・・・






嫌がり抵抗する匠の声が、徐々に 切なく変わっていく・・・


その声の変化に ハルは、匠を押さえつけ 犯しながら
鋭く冷たい視線で睨む様に見下ろしていた・・


・・ハルは既に 確信を得ていた
この匠の声は、自分ではなく 他の誰かに向けられている・・


他の誰か・・・・
タクミをここまでに出来る男・・・


ハルの中にも 一つの結論は出ていた
それは 初めから判っていたのかもしれない
ただ、認めたくなかった



「・・・・・浅葱・・・・・だな?・・・・・」



その名前に 匠の体がピクリと反応する
だが、質問に答えることもなく匠はただ小さく声を上げ続けた




刻印 -192へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
308.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-14 |   [ 編集 ]
309.   
コメントありがとうございました!
すみませんーー!訂正しました!
お恥ずかしい。。
2013-10-14 |   [ 編集 ]
310.   
ハルと匠の裸体での絡みはヤバイですね!そりゃもぉ〜絵になりすぎて身震いしちゃう(≧∇≦)浅葱への怒り爆発ですね☆ご立腹なハルに匠がどーされるのか楽しみです!
2013-10-14 |   [ 編集 ]
311.   
いつもコメントありがとうございます!
今回のメインは匠とハルと男 ・・・と・・
2013-10-15 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR