0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -177

「・・・・・・ッ・・!!・・・・・・・・・・・」

そのハルの唇の感覚に 匠の呼吸が一瞬止まる・・


地下室での記憶が蘇る
この唇・・・この手・・・・・この痛み・・・


上を向くように顔を上げ、掴まれた自分の腕を睨むと
まだ見えない天井が あの地下室の天井へと幻覚の様に変わっていく
手首を縛る鎖・・・ 冷たい床・・・

匠は痛みの限界に達しようとしていた
脚に力が入らなくなり、今にも膝から崩れ落ちそうになる


・・ハァ・・ハァ・・

・・ハァ・・ハァ・・・・・


荒く息をしながら、小刻みに震え上下する匠の背中を
ハルの唇は 自分の印を愛おしむようにゆっくりと這い、指でなぞる



「・・・私の 刻印・・・    私の・・モノ・・・・・」

そして その印に深く爪を立てた


「・・・んっぁっ!・・・・っぁぁぁああああアア!!!」





匠の叫びが響く室内で

「おい・・・」
ハルが やっと立ち上がってきた秘書の男に声を掛ける


「立ち上がれる所を見ると、毒物ではなかったようだな・・
 まだ生きているなら、こっちへ来て代われ・・」

「あ・・・はい・・」


秘書の男は まだ違和感があるのか
刺された右腕をさすりながら 匠の後ろへ立つと
上げられた匠の両腕を ハルから受け取る


「気をつけろよ・・・
 こんな顔をしていても、タクミは怖いぞ・・・・」


ハルは正面に回り、匠の顎を指で持ち上げながら顔を見つめ
クスリと笑う様に言った




「どうした? ・・・・体が痛むのか・・・・?」

指で匠の唇をなぞると その後を追うように自分の唇を合わせる
そのまま顎を下に引かれ、無理矢理に開けられた口に
ハルの舌が挿し込まれた・・・



「・・クンッ・・・・!」

匠は首を振って抵抗するが、秘書の男に捻り上げられた両腕の痛みが
意識を遠のかせる・・


「・・ん・・・ ・・タクミ・・・・ん・・・」
ハルは匠の精一杯の抵抗を喜ぶ様に 口中を執拗にまさぐった
浅葱とは違う威圧的な舌・・・匠の体が拒否反応を起し 更に呼吸が苦しくなる


「やめ・・ろ・・・・・」
匠は 必死の思いで言葉を吐き出すと
挿し込まれたハルの舌に思い切り歯を立てた



「・・・ンッッ!・・」

舌の端を噛み切られ ハルは思わず唇を離していた
手の甲で唇を拭いながら その冷たい目で匠の顔を見つめると
噛まれた舌を 小さく出す・・

血の味がする場所を自分の親指で触れ、じっと匠と視線を合わせたまま
その指を・・・ペロリと舐めてみせる・・・


そしてまたクスリと笑うと まだ血が滲むその舌で
もう一度 匠の唇を ・・・ツ・・・と舐めた
匠の唇が ハルの血で赤く染まっていく・・



「おい・・・タクミをベッドまで連れて行け」


ハルが秘書の男にそう言うと
老人はニヤリと笑い
そそくさと、続き間になっているベッドルームへと移動する



「や・・・やめろ・・・」  匠の赤い唇が動く
秘書の男が 抵抗する匠を引き摺る様にベッドの脇まで連れて来ると
ハルは匠の体を押し倒した



「・・ンッ!」
乱暴にベッドに倒された匠は その体の痛みで小さく呻き声をあげる

ハルはその匠の体の上に馬乗りになるように覆いかぶさり
両手を匠の顔の両側へ付く・・

「さあ、タクミ・・・あの楽しかった地下室の続きをしよう・・・・」




刻印 -178へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
264.   
ハルとの再会から興奮がやまないo(≧▽≦)o
2013-09-29 |   [ 編集 ]
265.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-29 |   [ 編集 ]
268.   
いつもコメントありがとうございます!
やっとハル登場です!
楽しんでくださいー!
2013-09-30 |   [ 編集 ]
269.   
いつもコメントありがとうございます!
お見舞いありがとうございます!
頑張ります!
2013-09-30 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR