0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -172

「・・・本当に馬鹿なヤツだ・・・」


・・・・・!!??・・・・・・


ハルの声がイヤホンから聞え 委員長の男はビクンと体を震わせた

今までとはまるで違うその冷淡で無表情な声に
男は慌てて深々と座っていたソファから身を起こし、後ろを振り返る
が、そこに三人の姿は既に無い・・・




思わず廊下へと通じる扉に 飛びついていた

「おい!!  ハル!!!  貴様ーーー!  なにをしている!!!
 ・・・・・開けろ!!  ここを開けろっっ!!!」

ドンドンと力任せに扉を叩いても
壁と扉とのわずかな隙間に無骨な指を差し入れようとしても
その頑丈な扉はビクともしない





・・キミの主はその部屋からは出られない・・
・・私の手の中・・
・・全くの 無能・・・・


「うるさい!!!  やめろ!!!!!  私を誰だと思っている!!!
 こんな事をして、タダで済むと思うな!!!」

ハルの冷たい声に、男は思わず耳を塞ぎ叫んでいた



「委員長・・・・暫くそこでおとなしくしている事だ
 心配しなくてもいい
 お前の望みもちゃんと叶えてやるから、安心して待っていろ
 
 同じ目的を持つ者同士だ・・仲良くやろう・・」



「仲良く・・・? ほ・・本当だな・・・?
 ・・・私には何もしないんだな・・・・?
 ・・な・・・・ならばいいんだ・・・・・・・
 
 あ・・ああ・・・そうだな・・・仲良くやろうじゃないか・・・・・
 仲間なんだからな・・・
 まぁ それが当然だな・・・・・
 今まで私がどれだけ、お前に協力してきたか忘れてもらっては困る
 ・・・ハハハハハハ・・・・・
 
 まったく・・・お前のやり方はいつも少々乱暴で驚かされる
 私の言う通りにしていれば、こんなことをせずとも・・・・・」



「・・ウ ル サ イ・・」
ハルの声が男の話を遮った

「誤解するな
 対等だなどと思うな
 お前のお喋りには殺意を抱く・・ 黙っていろ」

頭の中で響くハルの殺気に満ちた声に 男は蒼白になる
ガックリと膝を付き、そのまま床に座り込んだ






同じ目的・・・???
あの委員長にも何か別の目的があるのか・・?


あの男は 組織のNO.2・・・
あいつが裏切ったのは間違いない

だが・・ 今回の事件・・
ハルという男が 浅葱さんをヤる為に こちらの上層部の人間を丸め込んだ・・
そう思っていた・・


違うのか・・・?
そうでは無いのか??
委員長の目的って・・・・
金・・・?
権力・・・?
そんなモノは既にいくらでも・・・

どういう事だ・・・・
何をしようとしている・・


匠は イヤホンから聞えるハルの声に 理解が出来ずにいた
心臓が爆発しそうな程 激しく鼓動する
何か、何か・・・重大な事が・・・





「さっさと歩くんだよ・・ ボサっとするな」
老人の声と同時に 秘書の男に 痛む背中をグッと押さえられ
痛みで現実へと戻される



ゆっくりと廊下を歩きエレベーターの前まで来ると
ここのドアもスッと開く

三人が乗り込むと、その重厚なエレベーターは音も無く上昇し始めた



上・・・? か・・・・
この建物から外へ出るつもりはないのか・・・?
それとも屋上からヘリ・・・



ほんのわずかな振動と共にエレベーターのドアが開いても
そこは 乗り込んだ32階の廊下と全く同じ空気だった
たった今、確かに上昇して来たという あの感覚さえも疑わしく思える程だ

誰の気配もない廊下には、何の目印も 階数表示もなく
匠の視界では 今まで居た階との差を見分けることさえ出来なかった






ここに・・ すぐ近くにあの男が・・・・・・・




そのまま廊下を歩き 老人はある扉の前で立ち止まった
「連れて来ました」



「・・・・入れ・・・」
ハルの声がした




刻印 -173へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
250.   
匠の自分に対して鈍感さんな所好きですっ(● ̄艸 ̄●)かわいいっ
ハルが扉の向こうに(((o(*゚▽゚*)o)))匠はとんでもない人達に惚れられましたね〜( ̄▽ ̄匠の魅力なら仕方が無いでしょうが♪
明日が待ち遠しい(≧∇≦)
2013-09-24 |   [ 編集 ]
251.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-24 |   [ 編集 ]
252.   
いつもコメントありがとうございます!
もう少しでハルの出番ですよw
2013-09-25 |   [ 編集 ]
253.   
いつもコメントありがとうございます
いじめたい・・ですねーーー笑
2013-09-25 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR