0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -150

匠のその声で 浅葱が顔を上げる
「・・・もう・・  無理なのか・・?」  耳元で囁かれた

 

その動いた浅葱の唇が 耳に触れ・・・
「・・ぁっ・・ ・・んっ・・・・・」
小さな甘い吐息と共に 匠が肩をすくめ、無意識に体を捩る



「耳も敏感だな・・・・・」
そう言われ、舌先で耳元に触れられると 匠の体がピクンと震えた


「ぁ・・・ぁあっ・・・んっ・・・・や・・・・・・あさ・・・・・」
抱かれた顔をわずかに振って抵抗するが
浅葱は止めようとはせず・・ 
何度も その柔らかい唇と舌で 匠を責めたてる・・




浅葱の息遣いまでもが すぐ側で聞え
匠の体は みるみる感度を増し・・
どこに触れても敏感に体を仰け反らせ、小さな甘い声をあげた

浅葱はそんな匠の反応を 愛おしそうに見つめていた・・




「膝を立てろ・・・・匠・・」
再び耳元で小さく言われ 膝下に手を入れられる
匠はその低く優しい声に 目を閉じ、素直に従った



「そうだ・・・・・・じっとしてるんだぞ・・・・・」
匠のこぼした粘液をまとった浅葱の指が、匠の後ろをまさぐると・・・
ゆっくりとその中央に分け入ってくる



「ぁああっ・・・っ!!」
思わず声を上げていた


「・・フッ・・・  こら、匠・・・静かにしろ・・・」  
呆れた様に浅葱は微笑み 自分の唇で 匠の口を塞ぐ




「んっっっーーー・・・・・!!」


浅葱の口の中へ 匠の声が消えていくと
指の動きが大きくなった・・・ 



「んっーーー!!  んんんんっっっ・・・・!!!!」

匠がつま先を立て、体を仰け反らせる
その抵抗の反応とは逆に 湿った音がし始めていた

何度も何度も・・指を出し入れされる度、その音は大きくなっていく


匠は指から逃れようと体を捩る・・・
だが皮肉にもそうする事で 自らの快感も増し
浅葱の指に翻弄されながら、匠はその感覚に飲み込まれ
更にその先を求めていた



匠の手が 浅葱の胸板を軽く叩く・・

「ん?・・・何だ?」

「・・・・・・浅葱・・・・さん・・・が・・・・・ほしい・・・」





浅葱は塞いでいた匠の唇をゆっくりと解放し、その指の動きも止まる
やっと息苦しさから解放され、匠は大きく息を吸う


ハァ・・・・ハァ・・・・

ハァ・・・・ハァ・・・・



両手で顔を覆うように隠し、肩で息をし
呼吸を整え終えようとしていた時だった

体を返され 四つん這いにさせられた



「・・・ぁ・・っん・・・」

「匠・・・腕が辛かったら・・・体を落としてもいいぞ・・」
そう言われて抵抗する間も無く腰を押さえられた



匠は言われたまま、左腕をかばう様に伸ばし、右肘で体を支えた



高く掲げられた匠の腰・・・
既に指で充分に濡らされた場所に・・・ 浅葱のモノが触れる

そのまま 腰を掴まれ、背中の傷を押さえられて
グッ・・ と押し付けられると 匠の体はゆっくりとその入り口を開く・・



「んんっ・・・!!! ぁああっっ!! ・・」


浅葱を迎え入れながら 思わず叫びそうになり
匠は自分の右手を噛む・・・
必死に声を押し殺していた・・・




刻印 -151へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
203.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-02 |   [ 編集 ]
204.   
いつもコメントありがとうございます
頑張りますー!
2013-09-03 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR