0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -147

オヤジのPCにメールの到着を知らせるランプが点灯したのは
翌日の午後だった
その内容は  ”明日 審議会を開く・・・・”  



「いきなり明日だと!?」
声を上げるオヤジに 銃の手入れをしていた三人が顔を上げる


「どうした? オヤジ・・」
浅葱が立ち上がり オヤジの側まで行くと
そこにはメール画面が映し出されている


「明日・・・・・」  その画面を見る浅葱も言葉を失う

「奴等、どれだけ焦ってやがんだ!
 そんなに匠を連れて行きてぇのか!!!
 こっちは 準備が出来次第と返事をしたってーのに・・・!!」

苛立つ様にオヤジが机を殴った



「もう一度、延期を要請する!」 そう言うオヤジに
「いえ・・・・もう そのまま受けてください」  匠の静かな声がした





「時間をかければ それだけ相手に準備期間を与えるだけです
 5日後でも、明日でも・・・構いません」


「だが・・・・」
言いかけるオヤジの肩に、浅葱は手を置くと そのまま首を振った・・

「・・クソッ・・・   わかった・・・・匠がいいなら、もう何も言わねぇ・・」
オヤジは渋々ながら、机を殴った拳を握り締める


「明日・・・そんな急に・・」
深月も 怒りとも、動揺ともわからない何かで
自分の心臓がドキドキと激しく脈打つのを感じていた









その夜、オヤジはいつも通り リビングのPC前で作業をしていた



深月は自分の部屋で ずっとソワソワと動き回っている
雑誌を見たかと思えば、音楽を聴き・・
急に何かに追われる様に筋トレを始めたりもした
だがそれも長くは続かない

壁に掛かっている漆黒の軍服・・・
審議会での着用が義務付けられているそれが視界に入る度に
ザワザワと気持ちが落ちつかなくなる

「今日は早く寝ろ」 部屋に戻る前におやっさんにそう言われたが
居ても立ってもいられず、眠る事など 到底出来そうになかった



浅葱はベッドに腰をかけ、じっと何かを考えていた
サイドテーブルの引き出しを開けると、そこに・・ ジンのタグがある

手を伸ばしかけ・・・
一瞬躊躇したが、そのまま タグを握り取る


「ジン・・・・・ 明日、あいつと・・・決着が着くかもしれない・・・
 ・・・・・・それで・・・・いいな・・・」 
そう呟き、立ち上がった





匠は一人、目の前の・・・机の上を見ていた
そこには タグと銃と・・オヤジに渡された注射器の入ったケースがあった

ケースに収納できるカートリッジは2回分
予備として数本を持って行くことになる・・


・・目を閉じ、銃を握った


銃の扱いなら、視界が無くても完璧に出来る
が、以前、浅葱に時間を試された時は 1時間で力尽きた・・

明日、そうなったら・・
緊迫した状況で自分はどれくらい耐えられるのだろう・・
まだ1mほどしか見えないこの視界は・・
外の明るさで、この目はどうなるのだろうか・・
この腕は・・・この体はどこまで・・・





その時、部屋の扉が小さくノックされる
「匠・・・・起きてるか? ・・俺だ・・・・・」


扉を開けると、廊下に浅葱が立っていた


「ちょっと、いいか・・?」
その声に匠が無言で頷く



部屋に入ると、浅葱は机の上に並べられた物に目を止めた・・・

「・・怖いか?」
「・・いいえ・・・・・」




「・・・心配なだけです
 自分の意思とは別に・・・・この体が動くかどうか・・・
 あの腕の痛みや・・・・発作を・・起こすんじゃないかと思うと・・
 自分がどこまでできるのか・・
 それが心配なだけです・・」


浅葱の、まだハッキリ見えない後ろ姿を見つめながら 匠は答えた




刻印 -148へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
197.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-30 |   [ 編集 ]
198.   
いつもコメントありがとうございます!
この先は決戦・・・・!?
2013-08-31 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR