0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -140

浅葱の胸の上に倒れこむ様に体を預けたまま
匠はずっとその心臓の音を聞いていた


最初は早かった浅葱の鼓動が 徐々に落ち着き
いつもの速さへと戻っていく・・


まだ繋がったままの 匠の部位は熱を持ち
しっかりと浅葱を感じ取ることが出来ていたが
それは痛みではなく、心地良い痺れと、飽和感だった



その浅葱の強い腕にしっかりと抱き締められ、小気味良い鼓動を聞いていると
気持ちが落ち着き、匠は自然に目を閉じた・・





匠の呼吸が治まり、体の余韻が静まると
浅葱は抱いていた匠の体から手を緩める



「・・・匠・・・・  匠・・・・・」

優しく呼ばれ、頭を撫でられて 匠は少しだけ顔を浅葱の方へと向けた



「・・抜くぞ・・?」
そう言われ、少し寂しそうに目を伏せた匠から
浅葱は そっと自分のモノを引き抜く



「・・・んっ・・」
小さな声を上げた匠の体を抱える様にして、ベッドへと横たえた


「よく・・頑張ったな・・・」
体の負担にならない様に、右側を下にして・・横向きに寝かせると
匠はすぐに少し足を曲げ、胎児の様に体を小さくする



浅葱は そんな匠を見つめながら、ベッドの端に座り 匠の前髪に触れる・・
髪をかき上げるようにすると
「くすぐったい・・・・」
匠は目を閉じたまま 小さな声で少しだけクスリと微笑んだ


その額に顔を寄せると、浅葱は軽く唇で触れる
その額は 燃える様に熱い・・




「ちょっと待ってろ・・」
浅葱は簡単に身を整え、洗面所と医務室から
冷たいタオルと、新しいシーツを持って戻って来た



「匠・・・・ほら・・・体を拭いてやる・・」
「・・ん・・」

まだ体の熱さと 全身のダルさから抜け切れない匠が わずかに頷いた





浅葱は冷たいタオルで 熱を逃せない匠の体を拭う・・
匠は目を閉じ、されるがままに 浅葱にその身を預けた


首筋も胸も・・傷が痛まない様に、そっと全身にタオルをあてると
「・・・気持ち・・・・いい・・・」 
そう言って匠は安心した表情を見せる



「背中・・・・また傷んだな・・・・・・」
擦れ破れ、血を滲ませる匠の背中の傷の端を
指先で軽く触れながら 浅葱が呟く


「・・ん・・・・・平気・・・」
倦怠感から言葉少ない匠だったが、その顔はとても穏やかだった




「でも・・・おやっさんには・・ ・・怒られるかもしれない・・・」
匠がフッと笑う

「大丈夫だ、オヤジは・・・ちゃんと、理解してくれる人だ・・・・」



オヤジが深月を連れて外に出てくれたのは 匠も気が付いていた
目を閉じたまま 「・・ん・・」 と頷いた





血が滲む傷をタオルで押さえると
浅葱は新しいシーツで匠を包み、そのまま抱き上げた


「・・・・?・・・ 何・・・?」
匠が目を開ける



匠のベッドはその血で汚れていた・・

「俺の部屋で寝ろ・・・・匠・・」
そう言って匠を抱いたまま 浅葱は匠の部屋から自室へと移動する





途中の廊下も、奥に見えるリビングにも人影はなく、シンと静まり返り
オヤジ達は まだ戻って来ていない様子だった




刻印 -141へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
183.   
匠がやっと心から安堵してる(*^_^*)ほっこり
2013-08-23 |   [ 編集 ]
184.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-23 |   [ 編集 ]
185.   
いつもコメントありがとうございます
束の間のシアワセです^^
2013-08-24 |   [ 編集 ]
186.   
いつもコメントありがとうございます
黒ずくめ・・・おおっ!
思わず設定か被ってる事に気が付きましたっー笑
2013-08-24 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR