0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -138

”どんなお前でも・・・”


その声に顔を上げると
目の前に、真っ直ぐに自分を見つめる浅葱の顔があった


この人なら・・・
どんな自分でも受け入れてくれる・・


あの忌まわしい地下室の ”記憶”
記憶は 一生消える事はない・・・何一つとして。

この体の刻印も、あの屈辱も、あの痛みも・・


でも この人なら・・・この人の前でなら・・
それを取り繕う必要はない・・

どんな体の自分でも、
どんなに惨めな自分でも・・・
どんなに汚された自分でも・・・

この人の前では・・ どんなに乱れようとも・・・・    


・・・浅葱さん・・・・・・





匠は浅葱の肩に手を置いたまま、足に力を入れて
自分の体を動かし始めた・・

膝にも力が入らず、その動きはぎこちなかったが
それでもわずかに上下に動かすと 自分の中で浅葱のモノも動く


「ぁ・・・んっ・・!! ぁあああ・・・・!!」


狭い場所を窮屈そうに擦り動く浅葱が
体に巣食う屈辱という痛みを 一枚ずつ剥がしてくれる様な気がした

それはまるで、汚された自分を 浅葱の与えてくれる痛みで浄化させる・・
そんな儀式の様に思えた



もっと・・・

もっと・・・




「ぁ・・ぁっっんっっ・・  ・・・浅葱さ・・ん・・・・・」

閉じてしまいそうになる瞳を薄く開け
浅葱にしがみ付くようにして、匠が甘い声で呟く



「お前の好きな様に動いてみろ・・・自分の感じるところで・・」
「・・・・ん・・・・」

体から少しだけ腕を外し、わずかに体を反らせると
その刺激は違う部位へと移った


「ぁ・・ぁあっ!!!  ・・・んっぁ・・・・・・ぃぃ・・・・・・」
それはまた新たな熱で匠を襲う



「ん・・・上手だ・・・・・・・匠・・・ ・・ん・・ん・・っ・・!・・」
匠の耳元でずっと聞えている浅葱の押し殺した小さな声も 匠を昂ぶらせた



浅葱さんが・・・感じてくれている・・
そう思うだけで嬉しかった


これが・・体を繋ぐと言うこと・・ 1つになると言うこと・・
犯されるのではなく・・・・快感と幸福と・・・・




「ぁっ・・!  ん・・・ん・・・ぁぁっ!! ・・・・そこ・・っ・・・!!」

体を仰け反らせ、身悶えながら
匠の恥ずかしそうなその声は、浅葱を求め続けた



「ここが、イイのか・・・匠・・・・・」
浅葱は思わず匠の体を強く抱き締める


「・・ん・・・そこ・・・ ・・ぁぁっ・・!
 ・・・・・・・・浅葱さ・・・そんな 強く抱いたら・・・動けない・・」
匠がそう言って視線を合わせてくる


「・・ああ・・そうだな・・」
匠の瞳を見つめながら フッと笑む様な浅葱の優しい声




もっと中で動かして欲しい・・・
浅葱さんと・・・  イキたい・・
が、匠の動きはまだ拙 (つたな) い・・




「・・・イカせて・・・ このまま・・・・
 俺の中・・・・浅葱さんだけを・・・・感じたい・・・・・」


そう言って匠は浅葱を抱き締めた


「・・・わかった」





浅葱は匠の体を抱き締めたまま 体を動かし始める


「ぁぁあああああっ・・・ん・・んっ・・・!!!・・・・いい・・・・」



恐怖ではない匠の声が耳元で聞えた


「浅葱・・・・さん・・・・・・・もっと名前・・呼んで・・・」
その声に浅葱は 匠の顔の目の前へ顔を近付ける




匠の瞳が真っ直ぐに浅葱を見つめていた



「・・・匠・・・・・・  ・・・・愛してる・・・」
「・・・・ん・・・・」

浅葱の声に匠が微笑んだ




刻印 -139へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
173.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-21 |   [ 編集 ]
174.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-21 |   [ 編集 ]
177.   
いつもコメントありがとうございます!
Hシーン滅茶苦茶下手です
難しいですー(泣)
2013-08-22 |   [ 編集 ]
178.   
いつもコメントありがとうございます!
このスタイルを気に入って頂けて
とても嬉しいです^^
2013-08-22 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR