0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -134

「匠っ・・・・!!」

浅葱は 動きを弱めると
匠を抱き締める様にその体を伏せ、 目の前で 名前を呼んだ



「目を開けろ! 俺を見るんだ・・ 俺はここに居る!」
「い・・・いや・・・  ・・いやだっ・・・抜いて・・・」



匠はまだ抵抗の声を上げ、縛られた両腕で顔を隠したまま
首を振りながら拒み続ける
現実と悪夢の狭間を 精神が行き来しているようだった



「いやだっ・・・・もう・・  ・・やめて・・・・・・・・」
「匠・・・!  俺だ・・お前を抱いているのは この俺だ・・・!」



浅葱は 匠の顔を隠している手をとると 自分の頬に触れさせる

匠の・・ あの深く澄んだ瞳はまだ焦点が合わず
浅葱を探し続け、宙をさまよっていた



「・・・・匠・・・・匠・・・わからないのか・・・匠・・・」




何度も目の前で名前を呼びながら 
その匠の手を、頬から自分の心臓へと持っていくと
首からさげた自分のタグと一緒に 匠の手に握らせた・・



「これがわかるか・・? ・・・匠・・・・」
胸に手を当てさせたまま 匠の頭を抱き締め、耳元で名前を呼ぶ



トクトクと手から伝わる鼓動と 熱い程の体温・・・
それは何度も助けられてきた・・・ 自分を救ってきてくれた浅葱の音・・

その規則正しい音と、そして冷たいタグの感触・・


ほんのわずかに・・ そしてゆっくりと、氷が解ける様に恐怖が薄れていく
遠くで浅葱の声が聞える・・



・・・ハァ・・・・ハァ・・・

・・・ハァ・・・・ハァ・・・ 



浅葱は 匠の涙の溜まった瞳を指で拭い、縛っていた手を解くと
苦しそうに息をするその匠の唇に 自分の唇を重ねた・・


「・・・・んっ・・」
叫び続けていた匠の声が止まる





「あ・・・・さぎ・・・さん・・・・」
「ああ・・そうだ、俺だ・・」


揺れていた匠の瞳が ゆっくりと焦点を合わせはじめていた



「浅・・葱さん・・・・・」
浅葱が頷くと、体がわずかに動き、繋がった部分が匠を刺激する・・


「・・・・んっ・・!!」  ・・・苦しそうに匠が首を振った
「・・・・辛いか・・? だが、お前の体の痛みは この俺の痛みだ・・・」



そう言って心臓に当てていた手を、繋がっている場所へと持って行き
そっと触れさせると・・  少しだけ 動かしてみせる



「・・・ぁっ・・・!・・・」  匠が小さく呻く


浅葱さんの・・・・・・・・




「わかるか・・? 俺が・・・お前の中に入っている・・」

その言葉に匠は小さく頷いた




「いいか・・・このまま動くぞ・・・お前の体を 俺で満たしてやる」

匠の瞳に また涙が溢れて来ていた




匠が腕を伸ばし、まだ上手く上がらない両腕で、浅葱の背中を抱き締める
浅葱もしっかりと匠を抱き寄せると、その動きが激しくなる


「ぁあっっ・・・んっつ!!!! ぁぁぁああああっ・・!」
匠の喘ぎ声が耳元で聞えた


それでもまだ匠の意識は完全ではないのか
時折 「やめて・・」 と訴える




浅葱は匠の唇を塞ぎながら・・・・
首筋に舌を這わせながら・・・・
自分を認識させようと 何度も名前を呼んだ



「・・・目を開けていろ・・・ 匠・・・・俺を感じろ・・・・匠・・・匠・・」
「浅葱・・・さ・・・・・ん・・」
「ああ・・俺だ・・お前の痛みは 全て俺が与えた・・・」



そう言うと匠を抱き締めていた片手を離し
その手で匠のモノを握る・・


後ろを繋げ、激しく突き上げながら
猛っている匠のモノを手で刺激してやると 匠の喘ぎは 一際大きくなった

まだ力の入りきらない指が 浅葱の背中に爪を立てる




「んっぁあっ・・・・・・んっ・・・!! ・・・あああっっ・・・
 あさぎ・・・さん・・・・・・やめ・・・もう・・・・だめ・・・・・・」


「匠・・・・俺でイクんだ・・ ちゃんと目を開けて・・・」




匠が 浅葱の首に腕を回し その瞳で浅葱を見る
視線を合わせたまま、浅葱が動く




「・・っんん・・・ぁんんっっ!!!!
 ぁああ・・・だ・・め・・・・・いく・・・・・・・んっ!!! ぁあああっ・・・・」





・・・匠は浅葱の手の中にその激情を吐き出していた
そして それを受けた浅葱も匠の中に・・・・・・・・





激しい息使いで 苦しそうに喘ぐ匠を浅葱が抱き締める


「匠・・・・・匠・・・・・・」
耳元で何度も名前を呼び続ける浅葱に
「あさぎ・・さん・・」

小さな匠の声がした




刻印 -135へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR