0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -133

うつ伏せのまま、縛られた両腕で上半身を支え
腰だけを高く突き上げた匠・・


その背中にはハッキリと 刻印が見える
浅葱はその姿を見下ろしながら、自らも服を脱ぐ・・



匠の腰を掴むと 今まで自分の指が入っていた場所に
すでに起ち上がっている自分のモノをあてがい
そのまま手に力を入れて、匠の体を引き寄せる


まだ硬かったはずの匠の穴にそれが押し付けられると
ググッ・・・・・・・・・・と先が飲み込まれた・・


「・・・!!・・  ・・んっぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!!」


匠の叫び声が響く・・・



「いやあぁあああああ・・やめ・・やめ・・・イヤぁああ!!!!」

泣き叫ぶ様なその声は 浅葱の顔を曇らせた






「痛いっっ!!! ・・・いやっ!!  ・・・やめてっ!! ・・痛いっ・・・!!!」

腰を掴まれ、腕に顔を埋めたまま 匠は手元のシーツを握り締める


必死に逃れようとする匠の体を押さえ付け
繋がったモノを奥へと挿し込んでいく・・



・・・・匠・・・・・
こんな辛い痛みを・・・
無理矢理に犯す様な事を・・・

浅葱は悔しさに唇を噛んだ







「ぁ・・ぁっっ・・・・・ああああああっっ・・・んっっっぁあ・・・・!!」


痛みと 挿入の感覚で 匠の背中が大きく仰け反る




匠が肩で激しく息をし、体を震わせると
その背中の刻印は まるで生きているかの様にうごめき
蛇と龍はその首を持ち上げて、艶かしく淫靡な姿へと変わっていく・・


この刻印は まさに、こういう行為のために創られたのだと
浅葱は匠を組み伏せて 改めて強くその意図を思い知らされる


この体には、既に所有者が居るのだと
この体に手を触れるなと・・・・そう背中の蛇が睨みつけていた






その背中の蛇を 浅葱は片手で押さえ付けると
自分のモノを根元まで飲み込ませる

腰を掴んで匠の体を何度も突き上げた
睨む蛇を屈服させるために・・



「ぁああっ・・ぁあっっ!! ・・あ・・・抜いてっっ! いや いや い・・や!!!!!」





だが・・・

背中に刻印を押され
男達のモノを無理矢理にでも受け入れ続けてきたその体の中は
嫌がり泣き叫ぶ匠の声とは 全く別の生き物の様だった

浅葱のモノを 貪欲に深く深く飲み込んでいく・・

まるで 本物の蛇にでも飲まれる様に
浅葱のモノを強く包み、絡めとるように淫猥に締め付けてくる

そして匠自身のモノも 大きく昂ぶっていた



これが・・匠の体・・・・・・・

匠の体はすばらしい・・・そう言ったハルの言葉を思い出していた






それでも嫌がる匠の叫びは止まらなかった
ただひたすらに 痛い、嫌だと、やめろと泣き叫んでいる

きっとあの地下室でも、こうやって一人で泣き叫び 耐えていたのだ・・
そう思うと浅葱の胸は苦しく締め付けられる





「あ・・あさぎ・・・・・さん・・あさぎ・・・・・」

ふいに名前を呼ばれ我に返ると 自分に組み伏せられた匠が
必死に前方へと手を伸ばそうとしていた


「あ・・さぎさ・・・・・・・・・たすけ・・・て・・」




まだよく見えない目で 自分を探し求めている・・
それは、 今 自分と繋がっているのが、浅葱だと認識できずにいる証拠・・・



「匠っ! 俺は後ろだ!!」
そう言って 体を繋いだまま、浅葱は叫んだ


それでも匠は 前方に助けを求める様に腕を伸ばす

「あさぎ・・・・・・さ・・・・・どこ・・・・」




やはり、見えていないのだ・・
理解できていない・・・
自分がここに居ると・・・
中に入っているのは この俺だと・・・




うつ伏せの方が背中に負担をかけないのはわかっていた
だが、この痛みは俺が与えた物だと認識させなければ 意味がない・・



浅葱は体を繋いだまま匠の体をもう一度仰向けに返した

それは前後に出し入れされる感覚とはまた違った刺激だった


「ぁあああぁっーーー! やめろっ・・痛っ!!! ・・・・いや・・っっ!!!」




刻印 -134へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
154.   Twitter参照
全然ダメじゃな~い!
連日、鼻血出そうになってますからっ!!
ここ数日の更新は2人とっても、読者にとっても責め苦です。

オヤジと深月にはサーティンのトリプルでも食べさせておけば大丈夫ですから、続けて続けて…。

明日の更新楽しみにしています。
2013-08-16 |   [ 編集 ]
155.   
いつもコメントありがとうございます!
31のって・・・笑
じゃあ・・続けさせて頂きます!
2013-08-16 |   [ 編集 ]
156.   
匠が激しくエロ可愛く見えるアタシはダメですか⁈(≧∇≦)
2013-08-16 |   [ 編集 ]
157.   
いつもコメントありがとうございます!
全然ダメではないですよー!!!
2013-08-17 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR