0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -127

「・・・・・・・   でも・・・・・ 
 浅葱さんには・・・・・・」


浅葱の言葉に 顔を上げた匠だったが
すぐにまた そのまま視線を床に戻した



「俺には・・・? 何だ・・?」

「大事な人が・・ 居るんじゃ・・・」
匠が 自分の胸のタグを握り締める・・



浅葱さんの胸に掛かっていた 2つのタグ
あれがもし形見であったとしても・・  浅葱さんは忘れられない人が居るのだ・・
・・そう思っていた


あの うるさい場所で感じた 浅葱さんの涙も
時折見せる悲しそうな表情も・・・
すべてその人の為なのだと・・





「ああ・・・そうだな・・・」
下を向き、タグを握り締めたままの匠の横で 
何一つとして動揺した素振りもない浅葱の声がした



「・・・・・」

やはり・・・そうなんだ・・・ 

出かけた声を飲み込んだ



否定して貰えない事が辛かった
浅葱が掛けてくれた自分のタグを握る左手に力が入る・・






「だが、もうアイツは・・・・ ジン は居ない」


「やはり・・ 形見・・・ もう亡くなって・・・・
 ・・ジンさんて・・・言うんですね・・・
 浅葱さんのチーム・パートナーだった人・・」


「ああ・・・
 だが、一緒にチームを組んでいた訳じゃない
 俺達はそれぞれが一匹狼、一人で仕事をしていた
 
 お互い、自分の事を話すのが苦手で・・
 似た者同士だった・・
 だから惹かれ合った・・

 アイツの事は・・
 いつかは・・・お前には・・ 話をしようと思っていた・・」



匠は黙って小さく頷く・・
浅葱は匠の肩を抱いたまま、顔を正面に向けた



「俺達はいつも一緒に居た訳じゃない・・
 仕事もお互いバラバラだった

 あの日は・・・
 珍しく、アイツの方から仕事を手伝って欲しいと連絡があって
 俺達は一緒に出かけた

 だがその日も、いつもと同じ様に 詳しい事は何も話さず、聞かず・・
 それがいつもだった・・
 それでいいと、思っていた・・・


 ・・そしてアイツは死んだ

 その時、俺も重傷を負い 意識を取り戻した時には
 アイツは もう、灰になっていた・・

 俺の手元に残ったのは、爆発の現場にあったというあのタグ1つだ・・・

 もっと、話をしていれば・・・・ 死なさずに済んだかもしれないのにと
 ・・今でも思う・・・・」


「爆発って・・・あの・・・」

「ああ・・ 俺が昔、審議会にかけられたのはそれだ
 だが 俺は・・・ アイツが何故 死んだのかも詳しくは知らない
 それは今でもわからないままだ」




以前 唇を合わせた時に、浅葱が 「何もわからないままでは・・・・」
そう言って 酷く悲しそうな表情を見せた事を思い出していた




だから・・俺にももっと自分の事を話せと・・・・


浅葱さんはそんなにも・・その人の事を・・・・
「愛して・・・・たんですか・・・?」 最後の思いが言葉になってこぼれた

「ああ・・」


その一言で匠は浅葱の顔を見た
じっと前を向いたままの浅葱の横顔を・・





話し終わり、浅葱が視線を匠に戻すと
匠は 反射的に目を逸らしていた・・




そんな匠を見ながら 浅葱は自分のシャツのボタンを外していく

「浅葱・・・さん・・・?」
匠の声にも手を止めず、ボタンを全て外すと、浅葱は自分のシャツを脱いだ


「だが・・・アイツはもういない」

そう言って 匠の右手・・・・匠が自分のタグを握る手とは反対の手をとると
自分のタグに触れさせる・・


「・・・・1つ・・・・?」

「ああ・・
 あの日・・・お前をあの うるさい場所へ連れて行った日・・
 忘れさせてやると、約束した日だ・・・・

 あの時、俺は アイツに別れを言ってきた・・・もう忘れると・・・
 これからは・・・匠だけを・・・お前だけを愛していくと・・

 あれ以来 あのタグは付けてはいない・・」



そう言うとまた浅葱は視線を遠くへ向けた





浅葱の言葉に 匠の胸が熱くなる・・・

片手に1つずつ・・・浅葱と自分のタグを握り締めた
手が震える・・



あの時の浅葱さんの涙は・・  決別の涙・・
愛した人を 忘れられない苦しみの涙じゃなかったんだ・・・・




刻印 -128へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
134.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-10 |   [ 編集 ]
135.   
2人の距離がグッと縮まるっっっ
きゅん( ○´Д`○)はわわ〜ん
ジンさんの爆破の件も何か関係してくるのでしょう( ̄p ̄;)今後の展開がさらに気になりますっ
2013-08-10 |   [ 編集 ]
136.   
いつもコメントありがとうございます!
今話はガッカリ感大!だと思っていたので
そう言って頂けると とても嬉しいです^^
2013-08-10 |   [ 編集 ]
137.   
mao様
いつもコメントありがとうございます!
今後の展開・・・待っていてくださいね!
2013-08-10 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR