0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -112

1時間・・・


カタカタと震え始めた匠の右手は既に限界だった
片手で銃を支えられなくなり
思わず深月と同じ様に 両手持ちに変える・・


右手の下に左手を添え 支えたが、それも長くは続かなかった

すぐに左腕に痛みが出始め
肘の辺りから始まったそれは ズキズキと腕全体から全身へと広がっていく


・・・クッ・・・・・・・・・・・

痛みで思わず目を閉じると 平衡感覚がずれ、ポインターが外れる




激しく痛む左腕を自力で上げていられなくなり 親指を右手の小指に引っ掛け
かろうじて腕を持ち上げていた

支えるはずの左腕が 右手にぶら下がる格好になり
余計に銃を握る腕に負担をかける



ポインターは浅葱の額など とうに外れ
フラフラと動き続けていた


ハァ・・・ハァ・・・

ハァ・・ハァ・・・


極度の痛みと疲労、緊張で 呼吸が出来なくなる




その異変は隣にいる深月にもハッキリとわかっていた
まるでフルマラソンを走るかの様な匠の息遣い・・

深月が泣きそうな目で 隣に立つ匠を見つめていた


「・・・・もう・・・・」    止めましょう・・と言いかけるが
目の前の浅葱はそれでも何も言わず じっとこちらを見ている




浅葱さんだって、気が付いてるはずなのに
どうして止めないんですか・・・!! 深月は心の中で叫んでいた





ハァ・・・ハァ・・・

ハァ・・・ハァ・・・・


匠の額から汗が流れ落ちる
わずかに見えていたモノクロの視界も 徐々に暗くなっていた

わずかでも気を抜けば、そのまま上体が後ろに倒れそうになるのを
必死で踏ん張っていた





だがそれも・・

左手の親指一本で 右手に引っ掛けていた指がはずれ
ダランと左腕が下がる
その感覚さえ、既に無い
一度下がったその腕は もう上げられそうにはなかった



右腕も・・その指も・・震えが止まらなかった

発作を起こす様に 息が出来なくなる



ハァ・・・ハァ・・・・

ハァ・・・ハァ・・・・





このままだと・・・・


浅葱さんを・・・・撃ってしまう・・・・・・・・・・・・




既にハッキリしない意識




このままだと・・・・





これが・・



今の・・自分・・・







最後の力で安全装置に指を置き ・・・・ロックをかけた・・


と、同時に手から力が抜け銃が床に落ちる








グラリと体が揺れ 平衡感覚を失い
空中で体が斜めになるのがわかる

隣にいた深月が 
「匠さんっ!」 と叫んで手を差し出すのが見えた気がした



視界がブラックアウトしていく・・

まるでスローモーションの様に倒れていく自分を感じていた






「・・・・・匠っっ・・!!!」


床に膝を着く前に 匠は浅葱の腕で抱き止められ
頭と肩を強く抱き締められていた・・


「・・・あ・・さぎ・・・・さん・・・・・・・」





そのまま意識が遠くなった




刻印 -113へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
98.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-07-26 |   [ 編集 ]
99.   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-07-26 |   [ 編集 ]
100.   引き込まれています。
続く緊迫感に、今日も息が苦しい。そして手汗がすごいw( ̄□ ̄;)!!

…ようやく匠達が解放されてホッ。私もひと息つけます(笑)
2013-07-26 |   [ 編集 ]
101.   
コメントありがとうございます!
100話も越えたのに読み返し
本当にありがとうございます!
2013-07-27 |   [ 編集 ]
102.   
いつもコメントありがとうございます
残るハードルは後1つ・・・
2013-07-27 |   [ 編集 ]
103.   
さくら様
いつもコメントありがとうございます
息、してくださいw
2013-07-27 |   [ 編集 ]
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR