0-story

18禁 BL小説です。主に拷問・凌辱等ハード系。 こういう小説に興味の無い方、嫌悪感がある方はご遠慮ください。サイトマップより一気読み出来ます

刻印 -120

部屋でずっとオヤジが誰かと通信をしている
何故か浅葱は その側を離れようせず 立ったままだ


ソファで深月と左手のリハビリをしていた匠には その姿は見えず
小さくやりとりされる声も こちらまでは聞えない

だが 時折 それを気にし、チラチラと伺う深月の動きは見えていた




二人は顔を見合わせ ソファから立ち上がった




それを浅葱が  近付くな・・ と無言で静止する

画面に映らない様、 二人に反対側へ行け  と合図すると
浅葱はそのまま オヤジの横に 付き添う様に立っていた




深月は 浅葱の合図がまだ見えない匠を促す様にして
指示通りに反対側へ回る

おやっさんは普通に話しているように見える
が、浅葱さんは近付くなと言う・・・



深月は自分のタブレットをチラ・・とオヤジと浅葱に見える様にかざし
目配せをした

オヤジは その深月の動きに気が付くと
通信相手・・ 透 に悟られない様に目で頷く




深月のタブレットにオヤジと相手との通信が中継され始めると
匠と深月はそれを無言のまま 食い入る様に見つめた


4人の周囲に・・・
穏やかだったマンションの部屋に 妙な緊張感が漂い始めていた・・





そこには 黒いシャツに黒ネクタイの知らない男が映り
後ろに見える壁は かなり重厚で広い部屋を思わせる



この服・・・ 自分達も同じ物を持っている・・・・
という事は組織内の人間・・・
誰なんだ・・この男・・・


深月と匠、同じ疑問を持っていた





そんな二人の疑問をよそに オヤジとのやりとりは続く


画面の男が話し始めた

「私が最初に違和感を感じたのは・・ この審議会の出席人数
 今までにも何度か出席しましたが、普通ならば せいぜい5・6人
 多くても10人程・・

 それが今回は20人以上の名前が連なっている
 
 しかも 有識者と称し、民間人まで・・
 まぁ・・民間人とはいえ、政界・財界、その関係者・医者・学者等なんですが
 それでも多すぎる・・」



「20人だと・・?」
黙っているはずのオヤジが、思わず声を上げた
オヤジの元にそんな情報は 1つも入っていなかった



「やはり・・・・ サプライズ・・・だった様ですね・・」





・・・・・審議会??
匠には そんな話さえ初耳だった

今回の件で・・ 自分のせいで・・ みんなが審議会にかけられるのか・・・?
思わず隣の深月の方を見るが、その言葉に何ら驚いた様子はない

みんな知っていたのか・・・
思わず唇を噛んだ・・







そのまま男は話し続ける



「今回の事件・・・
 組織を無視し無断で人員を動かし・・・ しかもこの破壊規模の大きさ・・
 我々でも、これを揉み消すのには苦労しました

 お陰で 報道・警察関係各署に かなりの手間と経費がかかった訳ですから
 その点では 審議会が開かれるのも不思議ではありません

 だが・・ この件、あまりにも派手で雑だ
 
 建物の大掛かりな爆破など、 先生がいるチームが起こしたとは・・・
 少なくとも、先生を知っている者には 到底、考えられない
 

 いくら、そこに浅葱君が居たとしても・・・です
 浅葱君は 前にも一度、 爆破絡みの件で
 審議会にかけられていますよね?」



オヤジが画面を睨む
「透、お前どこまで調べ・・・・」


「その通りだ  ・・だからどうした」
オヤジの声を遮って 浅葱が平然と答えた




「いや・・・別に
 まぁ それは過去の事・・
 先生と知り合う前ですから・・・・今は大丈夫でしょう・・

 そして次の疑問はこの添付写真・・・
 もちろんこれも 先生の所には届いていないでしょうが・・・・」


そう言って男は一枚の写真を画面に映す



そこには 匠が写っていた




刻印 -121へ続く
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
↑ ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります m(__)m
コメントありがとうございます。励みになります!














非公開コメントにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

凛

Author:凛
BL・MLを日々妄想してる腐女子

しかもかなりハード目が好きな壊れかけ

SM・拷問等の酷い描写が苦手な方は、ご遠慮ください

1作目 『刻印』
2作目 『華燭(かしょく)の城』 
完結しました。
ブログタイトル下のマップより全話読んで頂けます。
『刻印』の簡単な解説はこちら から


まだまだ初心者故、描写の至らない点
設定の矛盾は笑って見てください 

読みやすく・・と思っているので、長編小説ですが、各回短く、短文、1日1回UP予定です


拍手・ランキング・感想など頂けると励みになります

ツイッター @0storyRin
UP情報や裏話を呟いてます

サイトマップ・全記事表示
最新トラックバック
カテゴリ
COUNTER



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中です
1ポチ してもらえると嬉しいです
検索フォーム
QRコード
QR